ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

塾講師7不思議その3 バレンタインの対応が合否を左右する?

今日はバレンタインですね。というわけで、ちょっと間が空いてしまった塾講7不思議シリーズは、女子限定です。これはぜひ他塾に訊いてみたいものですが、在籍する生徒のなかには、講師(女性講師やイケメン講師は例外)にチョコレートをくれるかというのか何と意外にも合否をはかる尺度になったりします。

50人に一人ぐらいは、おっさんの講師にもきちんと、「いつもありがとうございます」といってチョコレートを持ってきてくれたりする。で、こういうのは気持ちなので、別に高いものでなくて、お小遣いのなかから買ってくれたキットカットやチロルチョコでも構わない…。

こういうことが出来る子は合格実績が非常に高い
…もしこれが親などに強制されたりせず、自然にできたら本当たいしたものだと思う。塾立ち上げの1年目に指導していたNさんがそうでした。

友達といっしょにやってきて、キットカットとチロルチョコをもらったけど、本当にしっかりしているなあと思ったものです。それ以来もらってないですし貰えるものともおもっていません(笑)。別に促したりするようなことでもないしね。ちなみにNさんは志望していた高校にトップレベルで合格。もう1人の子も県立のランクを1ランク下げて合格しましたが、その後近所でアルバイトをしていたので、高校の成績を訪ねてみましたが10番以内に入る成績を残しているそうです。

こういう子が受かる理由はきっと、心に余裕を持っているからだと思います。受験だけで目いっぱいなんて子は心に余裕がないため、けっこうケアレスミスをしでかすことも多いものです。
塾に在籍している女の子は、やれ友チョコだ本命だの騒がしい日になるんでしょうが、上に挙げたような子は本当に3年に一度いるかいないかぐらいかな。というわけで、これを読んでいる保護者の方は娘さんが「普段お世話になってるから塾長や(女性講師やイケメン以外の)先生にチョコレートを渡したい!」なんて言い出したら、心に余裕を持てている証拠だと思ってください。たぶん、たいていの子たちはそんなことできずに終わると思います(笑)。

↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-02-14 08:36 | 指導メモ書き | Comments(2)
Commented by peach-winwin at 2017-02-16 17:14
うちは言わなかったですねぇ~( ̄∇ ̄;)
先生にあげないの?と聞いたら恥ずかしいから嫌だと。
中学生ぐらいになったらそんな気遣いも出来る素敵なお嬢さんになるのかな?と期待を込めておきます。w
Commented by masa717h at 2017-02-17 08:51
たいていの子たちはそんな感じになると思います。記事に書いたような子たちはもう天然記念物ばりな子たちだと思うので。もっとも、あのころは塾が創設されたばかりで、在籍していた生徒も講師も少なかったので、そういう気恥ずかしさみたいなものはなかったから渡せたのかもしれませんね。