ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

勉強が楽しくなるしかけ(教材)をつくりたい

四月に取り組みを開始した英単語、漢字、基礎的な計算を段階ごとに提示していく基礎力教科プログラム(仮称)だが、この夏休みにようやく本格的に取り組んでくれた。そして、毎年実施していた漢字の100問テストを廃止して、あくまで自主的に学習を進めてもらうといったことに意義がある。去年から在籍していた受験生に関してもこっちの方が意欲も沸くし楽しいといった子が多い。合格なら青のシール、満点なら金のシールを張っていて積み上げていく作業が楽しいみたいだ。これにはちょっとしたヒントがある。やはりこれも以前代ゼミのセミナーに参加した際に、少し時間があったためふと1学期のテキストのサンプルを目に通していたときのこと。佐藤慎二先生のテキストに次のような問題が配列されていた。

1 ( )内の語句を並べ替えて正しい英文を作りなさい。

3 ルフィーは世界で最も偉大な海賊になる夢を実現しようと一生懸命がんばっている。
Luffy is trying hard ( his dream/ in the world / the greatest priate/ true / make / to / of / come / being).

動名詞の単元の箇所である。これを中学生が解くのは難しいだろうけど、ただヒントを与えてあげれば頑張って解いてくれそうな気もする。ポイントはbeing をどこに置くかということなんだろうがmake ones dream come trueなんかは中学生でも知っておくべき熟語だと思う。
他にもボキャブラリー増強大作戦と銘打って、問題の文頭が芸能人或いは有名なサッカー選手又は漫画の登場人物になっている点で工夫されているなと感じる。英語初学者にとってもこんな感じなら取り組みやすいし、何より楽しいだろうなあと思う。例えば…

2 ( )内の中に入れるのに最も適したものを選びなさい
1 福山雅治 is an ( ) man for many women.
① ancient ② illegal ③ ideal ④ insect

2 ドラえもん saved Nobita from an awful ( ).[恐ろしい運命]
① civilization ② fate ③ ancestor ④ electricity

もちろん、入試問題がメインなので、こういうのは付録的な位置づけだろうが、俺にもこういった思想で例文を編集し直す意識が必要かなと思える。子供たちにアンケートをとると未だにワンピースは根強い人気だし、こういった例文なら頭にも入るだろうし意味も推測しやすい。講師に必要なのはこういった遊び心と教材の工夫なのだと改めて感じました。教材を作成する際、こんな工夫を可能な限り実践してみよう。

↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-08-12 22:19 | 指導メモ書き | Comments(0)