ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

2017年 03月 07日 ( 1 )

今年の入試問題を改めてみていると、入試制度が50分に変更となった社会。この科目がしっかり得点できたかどうかが1つのポイントになりそうです。昨年に比べてやや難化といったところでしょうか。記述問題は、ほとんどベタなものばかりなのだ、記述が増えたとはいえ、そこのところでしっかり対策をしておけば問題なかったと思います。(何せこれで30点配点です)

意外だったのが、世界史からの出題が増えている点。今まで埼玉入試はあまり世界史に触れてくることは少なかったので、この辺りは今後気をつけておきたいところ。21世紀型学力をつけよとでもいいたいのか、今後も配点のうち10点ぐらいは世界史に関連する事柄になりそうな予感がします。

ちなみに過去に書いた記事から時事問題の予測をふりかえってみます。

第4位…北海道新幹線開通に拘わる北海道の地理問題(埼玉限定)

第四位は、あくまで埼玉県限定ですが、新幹線開通にまつわる北海道の地域(地理)問題。過去問を分析していると、何だか埼玉はやたら新しい新幹線が好きらしく、過去に九州新幹線や北陸新幹線ができるたびにその地域に関連あることを聞いてきます。大宮はピンポイントで、まさか灯台下暗しで埼玉のことをあまり聞いてくるはなく(手前味噌の問題は少ない)やはり北海道の地理が中心となって攻めてこられる可能性が高い。過去の北辰(四月)にも出題されていたので、今年も間違いなくやってくるだろうなあという感じ。

第3位…あの震災を忘れまじ的な熊本にまつわる問題

第3位は、熊本にまつわる問題です。あの震災を忘れないで!的な意味でも聞かれてくる可能性高いなと思います。シラス台地とカルデラ辺りが混同しているような受験生がたくさんいそうだ。九州に絡めて出てくる可能性もあります。

第2位…イギリス事実上EU離脱表明

第2位は、今年起きた衝撃的な世界のニュースで間違いなくトップだと思います。教科書作る人書き替えなきゃダメじゃん!ってぐらいの衝撃的できごとでした。EUの問題はたくさん出てますしね。写真を見せてユーロを答えさせたり、関税がかからないという貿易のメリットがあったり、ただ新傾向の問題として出るなら、なぜイギリスはEUを脱退したのかといったことが焦点になるような問題が出そうです。あくまでお人的な勘でしかありませんが。

第1位…日本憲法選挙権の歴史

第一位は、選挙権制度が改正に伴い、歴史的な視点から選挙制度を振り返ってみようとうようなテーマ史。公民と融合させる手もあり、これはもう全国至るところで出てくるでしょう。選挙権はもともと直接国税を何円以上かから、完全普通選挙までの流れまで抑えておく、記述の場合も完全普通選挙とは何かの短文記述でしょうかね。公民と絡むと一票の格差問題まで広く問われそうです。今年間違いなく、これは出る可能性が高いと断言できる分野です。

この4つ…ピンポイントで敵中したのは、やはり日本選挙権制度の歴史は、最後の問題でしっかり聞いてきたんので的中といっていいでしょう。その他の予想した項目も何かしら設問に絡んで出題されているので、ニアピンといっていいでしょう。夏の記述のトレーニングと合わせてこうやって、振り返ると俺神ってるわといいたくなるぐらい悉く的中しています。おそらく、うちの塾の子たちの平均社会が一番得点が高くなりそうです。

去年の社会があまりにも簡単であったため、今年の社会は難化するであろうと読んでいましたが、択一正誤において『すべて選びなさい』という形式の問題が増えました。今後、入試直前まで正誤問題のただしい形でのトレーニングを受験生には徹底させておきたいと思います。
↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-03-07 08:00 | Comments(0)