ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

2017年 03月 10日 ( 1 )

ここ最近授業がないことが多かったので、久々びテレビでWBCのキューバとオーストラリアとの試合を見ていましたが、どうも見ていて腑に落ちない点がいくつか残っています。このまま二次ラウンドに進出して大丈夫なのか?と不安になるような消極的な采配だったかなと思います。今回は、たまたま勝てたからよかったものの、采配が必要となる僅差や劣勢の場面で動く状況がありませんした。この場面でどうするのか、2次ラウンドはその辺りのことも考えてほしいと思います。具体的には2つです。

①小林以外の控えキャッチャーをどこかで使う場面はなかったのか?

大野が劣勢に追い込まれたときの代打で、住谷が控え捕手といったところなのでしょう。ただ、小林のバント失敗の場面なんか見ているとまだまだ不安が残りますね。今日の中国戦はどうするのか分かりませんが、正直きちんと捕手は使っておいたほうがよいと思います。

②控え秋山って贅沢すぎじゃない?

…強化試合のオリックス戦で、代打として出てきた秋山が逆転打を放ったという話を聞いてそもそも秋山最初からスタメンで使えよと思うのですが、そこまで阪神戦でデッドボールをくらったとはいえ、仮にもシーズンでイチローと同じレベルでヒットを量産した男ですよ。連戦ということも考えてスタメンで使ったほしかったと思います。

要するに、
秋山と炭谷使わないのなら返せよ!というお話です。
リアルに出番を見かけなかったからね。本当ならオープン戦で実践を積ませたいのに侍ジャパンのベンチウオーマーというだけでは何か釈然としないので、怪我だけはしてほしくないのが本音ですが、使われないというのも腹だ立ちますね。まあ、そもそもメンバーが随分と外野に偏りすぎな気もするので、誰か怪我したら本当に危ないメンバーになっています。本当に苦しいのは二次ラウンドからになるでしょう。秋山、炭谷しっかり使って上位を目指してください。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-03-10 15:22 | 野球 | Comments(0)