ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

2017年 05月 02日 ( 1 )

現在、3人ほど中学3年生に国語を指導しています。ちょうど、次の範囲のところが漢文なんですが、最近どうも大学受験の事情を鑑みると漢文への苦手意識が増えている…というか食わず嫌いになっているような気がしてなりません。で、その要因を考えてみるに、センター試験で使うと80分という短い制限時間で漢文までやっている時間がない(これは以前から感じることですが、制限時間短すぎです。改革云々いうまえに文科省はこの辺りを何とかしろ!といいたいところ。)それから大学側が漢文を使用しなくてよいという学文が非常に多い。漢文を指定してくるのはせいぜい文学部。どうもこの漢文嫌いを作ってしまう背景はもしかして、中学の指導にも影響を受けてるんじゃと最近は思うようになりました。

a0344573_14052110.jpg
で。昔自分が漢文の勉強してたときに使ってた予備校のテキストを引っ張りだして予習していた際に、どうもSVOCを避けて勉強していた弊害がこの辺りに出てきているんじゃないか。これ結局英語で習った文型のルールを中国語にも当てはめて解いていくというスタイルです(専門用語で抽象化)と言いますそもそも、今私立はともかく公立へ行った子たちはおそらくSVOCという言葉をほとんど知らないと思います。


今年教える子たちの漢文は私はBさんに犬をあげた。という例文(Bにはその子の馴染みのある子を入れ)を文節に切ってもらい、私はというパーツを動かしても文章の認識がおかしくならないことを確認させる。その理由は日本語には助詞があるから。今度はこの文章を英作文してもらい語法の確認giveABでAにBを上げるという形なので、AとBの順番を入れ替えたら犬にBを上げたという変な和訳になる。中国語もこれと一緒で基本は語順が命だということを最初に伝えることにした。

そこで、今年からこの3人にはまず文型を覚えてもらうことからスタートし、レ点の読み方、一・二点の使い方から上・中・下点まで読み方の基本を説明し、さらに助動詞が日本語とどう順番が違うのか(といってもこれも英語と同じなんだけど)ということまでしっかり教えてから学校教科書に入りました。おそらく学校は書き下し文を読み、そこから訓読文に入るという方法なので、かなり深いところまで触れています。

それにしても文科省この後に及んでSVOCを廃止するなんて話を聞いたが正気の沙汰とは思えないなあ。実用英語なんて重視すると、ますます受験の英語ができない語が増えていきそうで本当に怖い。

↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-05-02 14:12 | 指導メモ書き | Comments(0)