ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

2017年 05月 10日 ( 1 )

中学受験をする小学生の話。ちなみにこのシリーズは、毎週水曜日に更新することにします。
2回目の授業でしょっぱな47都道府県と県庁所在地の小テストを冒頭に実施、中学受験にせよ高校受験にせよここはいずれ覚えてもらわなければならない最重要事項だと思う。ただ、連休中は忠実に言われたことをこなしたようで、結果は2問ミス。それも漢字変換のミスのみで、大阪を大坂と書いてしまったミスと、長崎の崎を埼の字と勘違いをして書いてしまったミスのみ。正直ここまでやってくるとは思わなかった。これはいけるかなとも思うのだけれど何せ志望校を志望する理由が…
a0344573_08391686.jpg
ですので…ちなみに前回4教科のなかで何がいちばん好きか尋ねてみたところ、理科がいちばん好きだそうで、形を覚えたりするのは問題ないのかな。そんなわけで、今日のテーマは『地図記号と縮尺』。これも高校の指導範囲ともろ被りする単元。教材は塾側が指定した新小問(新小学問題集の略)・中学入試の攻略を使用する。220ページ位あるが、単元を絞って毎回10ページぐらいずつ単元を絞って重ねていけば、何とか1年間で終わる構成になっている。そのため、カリキュラムは必然的にこのテキストの順番に沿っていきながらやることになる。

前回、解説用ノートと問題演習ノートを2冊用意してきてほしいとい指示を出したが、この指示もきちんと守れており、なかなか寡黙なタイプではあると思うがこういうところはしっかりできている。早速、地図記号をノートに転記させたうえで、最新の地図記号である風車、老人ホーム、図書館などをマーカーでチェック(新しい記号は狙われやすいんです。)もう1つは、ノートにまぎわらしい記号に注意することと書かせ、何がまぎらわしいのか(例発電所と工場等)を自力で探してもらう。後は東西南北の4方位と、縮尺計算の解説。縮尺計算の単位変換も難なく出来ていた。比の概念は大丈夫そうだ。

一通り解説が終わったところで演習に入る。演習用ノートに、問題を解く日付を書き、自力の場合は鉛筆、ノートを見ながらやテキストで調べた場合は青で記入、それでもわからなければ赤で記入する。以前に記事にした社会の問題のこなし方を説明。1回でやろうと思わず、何も見ないでできるようになるまで繰り返すのが理想だよと伝え、演習問題を解いた途中でこの日の授業は修了となった。

連休などを経て、学習時間は必然的に増えていると思うが、小学校側の課題も塾の課題も両方こなしているところなのだろう。少なくとも今の時点では、今まで塾に通っていた子が30分程度でできるようなことが、おそらく倍以上の時間がかかっていると思う。ただ、これに関しては仕方ないので教える側も焦りは禁物。夏休みぐらいまでこのスタイルが継続できれば向上は見込めそうだ。

↓いつもご訪問ありがとうございます。しばらく情報がほしいので中学受験のランキングに参加しました。いつも記事を書くモチベーションになるのでポチっと押していってださい_(._.)_よろしくお願いします。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-05-10 08:55 | 指導メモ書き | Comments(0)