ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

カテゴリ:未分類( 41 )

今年の入試問題を改めてみていると、入試制度が50分に変更となった社会。この科目がしっかり得点できたかどうかが1つのポイントになりそうです。昨年に比べてやや難化といったところでしょうか。記述問題は、ほとんどベタなものばかりなのだ、記述が増えたとはいえ、そこのところでしっかり対策をしておけば問題なかったと思います。(何せこれで30点配点です)

意外だったのが、世界史からの出題が増えている点。今まで埼玉入試はあまり世界史に触れてくることは少なかったので、この辺りは今後気をつけておきたいところ。21世紀型学力をつけよとでもいいたいのか、今後も配点のうち10点ぐらいは世界史に関連する事柄になりそうな予感がします。

ちなみに過去に書いた記事から時事問題の予測をふりかえってみます。

第4位…北海道新幹線開通に拘わる北海道の地理問題(埼玉限定)

第四位は、あくまで埼玉県限定ですが、新幹線開通にまつわる北海道の地域(地理)問題。過去問を分析していると、何だか埼玉はやたら新しい新幹線が好きらしく、過去に九州新幹線や北陸新幹線ができるたびにその地域に関連あることを聞いてきます。大宮はピンポイントで、まさか灯台下暗しで埼玉のことをあまり聞いてくるはなく(手前味噌の問題は少ない)やはり北海道の地理が中心となって攻めてこられる可能性が高い。過去の北辰(四月)にも出題されていたので、今年も間違いなくやってくるだろうなあという感じ。

第3位…あの震災を忘れまじ的な熊本にまつわる問題

第3位は、熊本にまつわる問題です。あの震災を忘れないで!的な意味でも聞かれてくる可能性高いなと思います。シラス台地とカルデラ辺りが混同しているような受験生がたくさんいそうだ。九州に絡めて出てくる可能性もあります。

第2位…イギリス事実上EU離脱表明

第2位は、今年起きた衝撃的な世界のニュースで間違いなくトップだと思います。教科書作る人書き替えなきゃダメじゃん!ってぐらいの衝撃的できごとでした。EUの問題はたくさん出てますしね。写真を見せてユーロを答えさせたり、関税がかからないという貿易のメリットがあったり、ただ新傾向の問題として出るなら、なぜイギリスはEUを脱退したのかといったことが焦点になるような問題が出そうです。あくまでお人的な勘でしかありませんが。

第1位…日本憲法選挙権の歴史

第一位は、選挙権制度が改正に伴い、歴史的な視点から選挙制度を振り返ってみようとうようなテーマ史。公民と融合させる手もあり、これはもう全国至るところで出てくるでしょう。選挙権はもともと直接国税を何円以上かから、完全普通選挙までの流れまで抑えておく、記述の場合も完全普通選挙とは何かの短文記述でしょうかね。公民と絡むと一票の格差問題まで広く問われそうです。今年間違いなく、これは出る可能性が高いと断言できる分野です。

この4つ…ピンポイントで敵中したのは、やはり日本選挙権制度の歴史は、最後の問題でしっかり聞いてきたんので的中といっていいでしょう。その他の予想した項目も何かしら設問に絡んで出題されているので、ニアピンといっていいでしょう。夏の記述のトレーニングと合わせてこうやって、振り返ると俺神ってるわといいたくなるぐらい悉く的中しています。おそらく、うちの塾の子たちの平均社会が一番得点が高くなりそうです。

去年の社会があまりにも簡単であったため、今年の社会は難化するであろうと読んでいましたが、択一正誤において『すべて選びなさい』という形式の問題が増えました。今後、入試直前まで正誤問題のただしい形でのトレーニングを受験生には徹底させておきたいと思います。
↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-03-07 08:00 | Comments(0)
定期テストが修了した今ごろの時期に過去の北辰を解かせてみると、社会において偏差値50を超えたのはわずかに3人だけであった。(この当時の在籍総数は10人ぐらい)。流石にこの結果にオーナーも危惧したようだ。そこで、オーナーが提唱したのが土曜日を使い、理科と社会を隔週で無料の集団授業を行いたいという提案だったが、この提案に納得がいかないものであった。おそらくは『無料で』というのがひっかかったのであろう。

当然、社会の依頼があったが断った。なぜなら、『無料で』という点が気にくわなかったからだ。保護者からしたらさもありたい話のように聞こえるが、実際この資金は必ずどこかで回収しなければならなくなる。もう1つ教わるからにはそれなりに『覚悟』を持ってもらいたいという点。無料だから、休んでもなどという理由を作らせてしまうのが教える側として非常に嫌だったのである。おやすい授業を実現したところで、それで力がつくのなら構わないのだが、お安い授業を実現したところで、その程度の価値しかないと思われるのが嫌だったのだ。

今年は直前の模擬試験の値段設定を強気にしたことで踏み切っている。無料授業の弊害はそういえば、二学期は俺が担当することになったが、無料だからという言い訳を作らせてしまうことで苦労したのが土曜日の授業見学や、私学の確約の説明会の参加による欠席など。

春に感じたことは、総じてこの学年は『暗記』が苦手という子たちが多かったことだ。そこで夏休みの講習のテーマを『暗記』に定め、科目にかかわらず徹底的に暗記項目を覚えさせた。その辛さに負けずに、しっかりやってきた子たちは9月の北辰でしっかりと結果を出した。3期生について言えるのは、ユニークな子たちが多くトップが頻繁によく入れ替わるっていうことがざらにあった。社会が得意なハカセ君。国語が絶大にできるTさんなど、絶大的な得意科目を持っている子も多いのがこの学年上位の特徴だった気がする。そういった子たちの苦手ではなく、長所を伸ばすという方向性で授業を組み立てていった。ハカセ君の社会の直前のこの時期の過去問を見ていると、自己採点ではあるが、いつも96点とか、94点とか、満点まで後一歩という状態。これだけの科目は1つ持っているという点でも素晴らしいことだと思う。

気づけば、口コミ紹介などで、この学年の在籍総数は16人ほどになっていた。集団授業として立派に成立する数である。既に私立合格で進路が確定している生徒もいるが、あの子たちの受験も明日で一通りの区切りがつく。突然の入試変更により、何が出題されるのかが全くわからず戸惑いを隠せなかった学年。そういえば、現行のセンター試験が最後に課されるのもこの子たちの代までだ。いろいろと苦心した学年でもあったが、最後まで頑張ってくれた子たちだった。
↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-03-01 09:10 | Comments(0)
カツオ君との英語の授業3回目。毎回俺の授業は冒頭に小テストを実施していることにしています。当面は学校のワークを進めるという指針のため、そのワークの巻末から、月名、曜日、序数、数字などのスペルがまとまって記載しているページがあり、これは大事だと思い、約30個の日→英変換の小テストなのですが、これがなかなか書けない。書けなかった回数×10回というペナルティをかしても、ただ面倒くさがってやっつけでやっただけであって、そこに覚えようとする要素が全く抜けているように思えた。


授業の最初にて、『一定以上のレベルに達していなければ、そこから先には進まない』
という約束もしているし、保護者にも電話で『…成果として現れるのはかなり時間を要するが、それでもよいですか?』という確認の電話も行い承知しています、との了承も得ている。※ドラクエの仙人みたいなものである。

※ドラゴンクエストというゲームは、物語のなかで一定以上のレベルに達していないと謎の仙人に「おぬしはパフパフを知っているか?」などと意味不明なことを言われてしまう。再度、一定以上のレベルに達してからもう一度話しかけると「北の祠に勇者の剣があってな…」というゲーム進行のうえで、重要なヒントをもらえる。

そこで、今回の授業は暗記の特訓を施すことにした。こういった暗記が苦手な子の場合は、こういった暗記のさせかたから教えてあげないといけないのである。夏休みに暗記特訓という位置づけで、参考にさせてもらったGOAL通信さんの記事から引用させて頂く。

書きまくること。覚えたければ、書いて書いて書きまくる。暗記が苦手だという生徒たちにアドバイスをするのなら、私はまず書けと言う。懸命に書きながら覚える。苦手だという生徒ほどこの行為が出来ていない。ターゲットを決め、焦点を絞り書きまくる。ノートに落書きを描いてる暇があったら、攻めるべき部分を攻めていく。参考書や要点集とにらめっこしている生徒よ。情報が増えれば増えるほど覚えられなくなるぞ。赤いフィルターも試験直前の再確認で使うもの。まずその前に書きながらインプットする作業を見直そう。

書くという行為には驚くべき効果がある。リストを丸暗記する時も、ただコピーを貼るのではなく手書きのものを作って貼る。書きながら覚えてしまうことも幾つかあるだろう。自分にとって覚えやすいように加工、編集すること。これが大切だ。書く習慣が付いていない生徒たちよ。頭に記録させるには反復と印象付けしかない。覚えられないと言う前に、どうすれば印象として残るか、頭をひねってみよう。


 以下は私的なエピソード。ヒントになるかも知れない。

息子が中学2年のとき、20センチほどの紙(コピー用紙)の束を渡したことがある。暗記すべきことを、とにかく書きまくれと。その後どうしているかと覗いてみたら、小さい字でちびちび書いているので私は怒鳴った。メリハリを付けて豪快に使えと。そして例を示しながら私が伝えたのは以下の言葉だ。
『何をやってる。そんなちびちびやってて覚えられるかよ。紙面一杯に大きく書きなぐれ。単語も漢字もA4一枚に一語、紙面一杯にでっかく書いてみろ。大きい字、小さい字と変化をつけるんだ。もうメチャクチャでいい。丁寧に書く必要もない、どんどん書きなぐれ。ダメなものは何枚書き続けてもいい。100枚一気だって構わないんだぞ。筆圧ももっと強くしろ。覚えられないコンチクショウが憎かったら、下に穴が空くくらい力を込めてみろ。そんな薄い字で暗記できるか。すでに気合で負けている。筆記具も色々あるだろう。太いサインペンでも毛筆でもクレヨンでもいいんだぞ。色だって自由だ。ノートみたいに縦横そろえて書くんじゃない。ただ機械的に書くんじゃなくて、豪快に変化をつけるようにするんだ。そうすれば必ず印象に残る。アンダーライン、囲み、記号なんかもどんどん使え。どれだけ頭に印象付けられるか、インプットのコツはそんなところにある。いいか、書いた紙の山は捨てるなよ。そこにおまえの執念を描いてみろ。それはおまえの記憶との闘いの記録だ。』

その後息子は高校受験までに二千数百枚の紙をすべて使い切った。その紙の山は、書きなぐりと赤マジックに溢れた壮絶なものだった。


そういえば、以前にも社会の用語を「どうしたら覚えられますか?」という質問を受けた際に、上記の手法と全く同じことを伝えた。夏休みにも中三の暗記が苦手だった女子に一時間この方法で授業をしたのだが、その後自分なりの覚えるコツを少しはつかめたのか、クレヨンで公民の重要事項をまとめるなんてことをやっていた。

というわけで、コピー用紙のA4の束を渡して実際にわたして手本を見せる。マジックやクレヨンなどで、高速で単語を書いていき、こんなふうにやって覚えるんだよと伝えていく。慣れてきたら、英語の部分を隠して自分でテストをしてみる。うわー大変だーと言いながらも、目は死んでおらず、真剣に向き合っていた。授業10分前のところで、もう一度再度小テスト。うん、今度は半分程度は正解できていた。解答が全く埋まらなかった70分前に比べたら大きな進歩だと思う。本当に覚えるのが苦手な子たちには、こういうところから教えていかないといけないけない。「マジできつい!」なんて言っていたけれども「でもこれだけやったら自信になるわ!」と前向きな発言だった。

一番最初の授業に話したドラゴンボールの暗示がいきてくる。学力をあげるには時として亀仙人が悟空やクリリンに課したような厳しい修行が必要なのだ。彼に一番欠けていたのがこの点だと思う。来週も同じ小テストから始める。そのときに満点は無理でも、少しでも今週の状態から改善できれば、それは大きな進歩である。


↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-02-25 09:26 | Comments(0)
近隣の公立中学、M中とS中の学年末試験が近づいている。

国語を指導しているTさん。先日、冬期講習の英語のコマがまだ残っていたので、それを実施したときに本人から「定期テストの対策をやりたい」との申し出があった。なので、本当なら映画を見せるはずだったのだが、扱ったのは学校範囲の先取りと音読の※段階特訓。

※教科書を何回か読ませ練習をしてもらった後、教科書を伏せてもらい、英文一文が自分で復唱できるかトレーニングしていく方法。リスニングと速読に効果あり。

Tさんは中1から塾に在籍している子だが、もともと350点にも届くような子ではなかったが、塾を上手に利用し成績を上げ、前回450点まで後一歩という段階まで来た。国語の100点が効いている。数学も一問ミスで100点を取り損ねたし、もともと小さいころから、英会話教室に通っているような子なので、英語も得意なはずなのだが、ここのところちょっと成績は下降している。この子の学年はどうも社会が妙にクセのある先生で、試験範囲を平気で100ページ以上とか、学年末試験でもないのに範囲は今までやったこと全部とかそういうことを平気でやってくる。

「今回の目標は、英語、国語、数学で全部100点ね。そしたら理科と社会が75点ずつでも450点超えるから」

「がんばります(`・ω・´))

たいていこういうことを言うとふつうの子たちは「無理ですΣ(゚Д゚)」という反応が返ってくるのだが、それを言わなくなったことに成長を感じる。

「…それから先生の空いている時間に私に社会を教えてください!」

こういうことまで言えるようになった。以前までは、社会難しい、先生最悪なんてことばかり言ってたけれども、結局よい点を取れるようになってくると、他の教科が悪いことに納得がいかなくなってくる。冬期講習で、範囲が広くなることを見越して、江戸~明治時代までをしっかり先取りでやっていたので、内容も頭に入ってきやすくなっている。学校でやっていることがよく理解できているそうだ。

試験範囲は戦国時代の終わりからというのが予想とは少し外れたが、それでも試験範囲が広いということは先生側からすれば入試問題を使いたいということなのだろう。流石に範囲表からここまで深読みは今のところできていないだろうから、それをしっかり伝えてあげることにしよう。

俺が教えた生徒の中では過去にS君が一度450点超えを達成している。そこから先は未知の領域。でもこういう子がいるからにはぜひ頑張ってほしいと思うしよい点をとらせてあげたいと思う。この子が成績のよい理由は、学校ワークをみっちりやりこむ習慣がついている点。時には失敗しながらも、そのたびに国語の授業で振り返りの作文を書かせ、次の定期テストでは何を気を付けて挑むべきかを考えさせ、多くの子たちは、学年が上がるにつれ、成績を下げるなかで、この子はその逆で回数を重ねるごとに良くなってきている。たいていの中3生は、入試を終えると同時に卒業してしまうため、Tさんはいま教えているなかで今後の成長が楽しみな1人である。



↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-02-16 08:56 | Comments(0)
全6回にわたって、行ってきた全6回の県立模擬試験ですが、長く塾に在籍していると、時折過去に在籍していた生徒とどちらが上だったか勝負させてみたくなるものです。塾創設時に驚異的に成績を伸ばしたNさんと、冬期講習は親の経済的事情から取れなかったもののそこから猛烈な勢いで自習していたS君、2人の結果を比べてみます。赤字はレギュラーでとったという意味、で水色は講習で対策授業を扱ったということです。条件としてS君は夏期講習は受講していますが、Nさんは未履修なので、条件的な違いはそこまでないものとします。

国 数 社 理 英
74 56 61 55 84 計330(Nさん)
74 62 78 77 87 計378(Sくん)

2人に共通していることは、
9月になっても、英語の偏差値は60に到達していなかったということ。
この模試は偏差値は出せませんが、埼玉と同じレベルかあるいはそれ以上で作題されているため、埼玉の英語は点数を取ることが非常に難しいので、2人ともこの数字はたいしたものだと思います。S君は伝説の先輩越えの指令を果たせ!と発破をかけていたので、これで次世代の子たちにはS君を超えろと促せます。S君は、初期のころは、定期テストは良い結果はとるんだけれど、実力テストは…ということを言われていたので、少なくともこれで定位テストだけよくても何もならないというのは迷信であるということを証明してくれました。

たいていの子たちにとって、こういう範囲のない実力テストを挙げるためには、まず学校の定期テストを頑張りなさいと伝えてあげるのがよいと思う。まず定期テストを頑張りなさい…そうすれば北辰のような実力テストもそう遠くないうちに向上する…。

来月から中2の子たちの北辰が始まります。今年の子たちは定期テストの点数を挙げたくて執念で勉強する子が何人かいるので、ちょっとそういった子たちの結果が楽しみ。一年後、この記録が破られるのかはやはり普段からの積み重ねの定期テストが効力を発揮するのでしょう。




↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-02-15 08:06 | Comments(0)



私立大学を志望している大学受験生には、もうぼちぼち担当する生徒の授業が修了します。上の動画は、小論文で見せたのですが、こと大学受験生には特に伝えておきたいメッセージです。かいつまんで内容を要約するなら、大学を卒業した後で、これからの人生を『順風満帆』に進んでいいく人なんて、そんなにいないよということです。

特に名だたる大手企業に就職したからといって、絶対に問題がないわけではありません。必ずどこかで、問題が浮き彫りになり、これから多くの子たちが企業合併や吸収、あるいは倒産などのことに直面していき、おそらく今後グローバル化の流れのなかでますますそういったことが加速していくことになるでしょうとも言い切っていて、そしていま実際にそんなようなことが明るみになっているんじゃないかと思います。

これからのインターネット社会を生き抜くためには、情報をきちんと判断し発信できる大人になろうというメッセージを残しています。

自分の授業でも、大学受験生には最後にメッセージを伝えるものだと思っているので、このスピーチはかなり共感できるものがあります。


↓いつもご訪問ありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになるので、お手数ですがポチッと押していってください。ランキングへジャンプします。


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-01-18 08:26 | Comments(0)
冬期講習が始まってから連日毎日七コマ授業をどうにかこなしている。9時から21時までただ淡々とあくまで的確に冷静に最後までテンションを落とすことなく授業を続けています。そういえば、学生時代に同じようなことをやったので鉄人と称されたこともあった。連日七コマ授業が続くので何人かの生徒からは心配されました。そうだよね。受講する側からしたら3コマぐらいが限界だろうね。でも、大人は集中力と事前の準備が違うのでね。

高校受験学年の子たちも、だいぶいい状態になってきた。毎日担当した子たちの小テストなどの正解率のメモを手帳に記録しているのだが、担当している受験学年子たちの英語がここに来て小テストで満点を続出しだしたのである。もちろん、夏休みからずっと取り組んできた日本語の文章を英語に変換する英訳テストなのだが、この勢いなら年内中に50個全部暗記も達成できそうな感じはある。年明け辺りにもう北辰はないけれども、その代わりとなる育伸社の模試でかなりのスコアアップを望める子が多い。今年の講習も残すところあと一日…来年は高校受験は全員第一志望に合格してもらいたいなあ。

↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-12-28 22:29 | Comments(0)
中3生の定期テストがちらほら帰ってきた。定期テストで点数を取りたければ、とにかく学校ワーク(又はそれに準拠するもの)をとにかく繰り返し解くことだ。できれば3回転以上してあることが望ましい。そのことは以前に定期テストの作法という記事でも書いた気がする。社会がぶっちぎりで得意なハカセ君、すでにやっておけという指示を出していたため、かなり先取りをしていた。授業が終了するとともに、その範囲のワークを終わらせていた(必然的にこれで一周目が終わる。)定期テストの範囲が出た段階で二周目に入る。そこからできる問題とできない問題を分ける作業。うちの塾では、白紙のままの学校ワークをスキャンしているので、必要とあらば、白紙のワークをコピーして納得いくまでやり直すことができる。多くの子たちは、3周目に入る前段階ぐらいで時間切れを迎えてしまう。

今回のハカセ君の結果は99点だった。ケアレスミスではなく、純粋にその部分だけわからなかったという問題だったので、仕方がないとはいえ、ここまで来たらあと一点とらせてやりたかった。だから、『冬期講習』では一点に拘る。とにかく、この子に北辰含め、こういうテストで100点を取らせてやりたいという意欲はある。ちなみに面談では、結構講習の申し込みで何をいくつとるのか一か月ぐらい悩む受験生の親も多いのだが、この子は面談の瞬間にハンコを押して即決だった。夏休みにそれだけ成績を伸ばしたからというももあるのだろう。こういった子は強い。

定期テストで点を取りたければ、普段から学校ワークの勉強を進めておくことが点を取る秘訣だとつくづく思う。3周丁寧にやったなら、350点以上は難なく取れるし、400点以上を取りたければ、普段の生活習慣や授業態度から姿勢を変えて、3周以上確保できる時間を充分に保っておくことだろう。今、中2の女の子が納得いくまでワークを解くということを繰り返しやってきたため、(前回初めて350点の壁を越えた)今回は、どうなるか、その子は今日からテストなので、よほどのない限りは、前回よりよい結果を出すと思う。

一回や二回の授業を消化したぐらいで、学校の定期テストで成績をそこまで挙げることはできない。ならば、普段から長期的な学習を意識して、自身できちんとワークを仕上げたという働きかけをしてあげるのが公立中の塾の先生に求められる一番の役割だと思う。


↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-11-29 07:54 | Comments(0)
昨日の記事の続きです。どうも自分で書いていて、書きたいことが書けなかった感じだったのでさらにここ最近感じている西武ドームの他球場と異なる異質な点や違和感について書いていきたいと思います。

自分のなかでそもそもフリーパスが失効となった原因は、休日における内野自由席を指定席に変更するといった経緯があったはずです。そして問題は、この西武ドームの外野にあります。芝生席の外野のキャパシティは確かマックスで4000人収容だったと記憶しています。
これを3塁、1塁に割り振るわけだから、実質西武ドームのレフト外野に収容できる人数は2000人です。

かつて、フリーパスは先着2000名に付与された権利ですが、内野を指定化された以上、当然いくつく先は当然外野という結論が出ます。しかし、この外野席場所を確保するのもとにかく大変な席なのです。特に1人観戦がメインと考えた場合、予め球場に早く行き、もしくは前日の抽選会に参加して、シートを張って○○時までに来て、開門の時間に来てといったようなことをやらねばならないのです。人気のある試合、特に休日の外野は開門10分で座る場所がなくなってしまいます。

で、自分が提唱したいのは、
この開門のタイミングで飛行機みたいな『優占入場』の権利を与えるというもの。そもそもフリーパスというのは、球場にたくさんお金を落としているという意味合いで、優遇される感じが内野自由席の権利を剥奪されてからめっきり減らされました、それに愛想がつきて、球団はフリーパスの権利をチケットとして発売したのですが、絶対に売り上げ落としただろうな。基本的には自分は口座引き落としだったために、よほどのないことがない限りは継続という路線でしたが、あんなやり方をされたら一気に冷めてしまうのです。

もう一つ気になる点が、内野自由エリアから指定エリアに行くための検問制度についてです。内野指定エリアには、時折そこにしか販売していないエリアがあるわけで、外野からそのエリアに買い物に行くためにはチケットを見せなければなりません。ただし、外野のエリアから内野自由のエリアに行くには買い物に行きたいと言えば通してくれます。自分が気になるのは、この内野自由から指定エリアは必ずチケットを見せなければいけないという点。例えば、外野自由のチケットを買って、それでも指定エリアに食べたいものがある場合には実質チケットを買い足さなければならないのです。うーん、これって意味あるのかなあ。下手をしたらその分1人が多重に席を買い占めてしまうわけで…。超満員の試合なんかは、空席ができるわけでしょ。

あとは、休日の内野自由席を指定席扱いに変更したことも大いに不満を感じました。もちろん、指定席化された背景には、内野自由席の過剰場所取りを横行する輩が後を絶たなかったのでしょう。ただ、これも
友達を誘いづらくなったとも思えるのです。予め指定席を買うには、友人の予定がどうなるかわからないし、直前まで予定がはっきりしない友人もいます。内野自由席があるならそういった心配はしなくて済みましたが、自由席がないとやはり観戦しにくくなるのです。せめて、1塁側だけでも残してほしかったですね。

ここ最近、球団は新規のファンを開拓しようと、いろいろなイベント企画やその運営はかなりの手腕でチームの成績云々に関係なく一定の集客は見込めるようになりました。ここら辺りの企画力は素晴らしいと評価できるのですが、ファンクラブ制度の差別化を測ったり、既存のファンを満足させるような工夫が全くありません。少なくともファンクラブはただ券をばらまき、ユニホームを配布すればよいというものではありません。毎年同じような記念品なりではこちらも飽きてくるし、今年はどうもHG会員に誘導したい意図が見え見えなのですが、ただ単純にグッズが沢山もらえるといっただけな気がしてなりません。

運営サイドにファンクラブの充実なくして、チームが強くなることはありえないと言っておきたい。
ファンが増えるのは良いことですが、その分だけ課題は山積しています。現場の声をきちんと理解した上で、運営は仕事をしてもらいたいと思います。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、同意していただける方また来季こそ優勝による美味しいお酒が飲めることを祈願して下記バナーをポチッと押していってください。<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-11-17 09:18 | Comments(0)
 西武の辻新監督が、5日から始まる宮崎・南郷での秋季キャンプで選手を「練習漬け」にする。この日午後に宮崎入り。炭谷や浅村、森、高橋光ら選手27人に加えて、新任の西口2軍投手コーチが参加して18日まで実施する。

 「ゲーム(対外試合)はないが、早出(練習)もある。時間は十分あるので、一日中野球のことを考えられる」と指揮官。来春キャンプの1、2軍の割り振りにも影響するサバイバルで「若い選手にとって競争は始まっている。どんどんアピールしてほしい」と話した。

秋季キャンプが始まりましたが、相当きつくしごいているようですね。初日から全開でしごいており、選手もばてていたとか…。また、宿舎で食事をとるときも外履きを徹底させ、怪我を防止したいという思いが新聞に書いてありました。来季は金子を外野で固定したいみたいで、辺にポジションを分散するよりかは狙いがはっきり見えていてよいと思います。

まあ、シーズンオフとなり、話題や扱いは小さくなりましたが、来季への戦いはすでに始まっています。岸のFAの件はしばらく置いておきます。
新聞なりに書いてある記事などから見えてくる辻監督というのは、どうも頭の良い人なんだろうなという印象です。
あとは、これが若い選手たちにうまく伝わるかどうか
まあ、足元を見つめさせるという意味でスポーツ新聞には書かれていましたが、怪我を防止するための意味でというなら選手も納得すうでしょうしね。秋季キャンプは世間の関心も低いですが、ここで怪我をしないで1年間戦える体作りをきっちり行ってもらいたいと思います。

↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、来季こそ優勝による美味しいお酒が飲めることを祈願して下記バナーをポチッと押していってください。<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-11-07 10:45 | Comments(0)