ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

カテゴリ:野球( 61 )

ここ最近書くネタが尽きてきたので、仕事もしばらく本格的にはならないので、久々に現地に行ってきました。西武ドーム最後に行ったのは去年の5月依頼かな。コリジョンルールのせいですっかり嫌気がさしていたのですが、西武の中継ぎがよくわからなくなってきたので、今回はブルペンサイドシードを陣取って…

a0344573_17132892.jpg
中継ぎ陣を見学することにしました。球場のビジョン表示も打者の打席が表示されたり、ご丁寧に投手の球数まで教えてくれるようになりました。現地で見にいくと、あれもうそろそろ先発の球数100いくんじゃね?とか思っていたので。この球数表示は、めちゃくちゃありがたいです。到着したのが遅かったため、菊池の練習には間に合いませんでした。今日は寒かったのもありましたが、スピードもいまいちでしたね。だいたい崩れるパターンは四球からなので、今日の試合も2アウトまで簡単にとってるのに、四球から無駄な点を献上してしまっているので、そこは改善してほしい。キャッチャーは岡田でしたが、とにかくやたら盗塁されてたので、その辺りもどうにしかしてもらいたいところです。簡単に走られすぎでしたね。送球で刺殺される場面が一度も見られませんでした。

a0344573_17141610.jpg
菊池の後、6回に投げた田村、今日みたなかでは、一番制球が良かったかなと思います。球を真ん中に集めるような投球で、球に伸びがありました。おそらくは先発が試合を作れなかったときのロングリリーフ要因か、もしくは6回以降のビハインドも兼ねた感じで使われそうですね。
a0344573_17145174.jpg
同じような構図ばっかりなんですが、福倉ですね。今日も投げておりましたが、キャッチャーミットにビシバシいい音させていました。
a0344573_17152800.jpg
そして、今シーズンのチーム浮沈のカギを握る男。おそらく勝ちパターンの8回固定するのでしょうか。今日の使い方だとそんな予感がします。大石の出来次第で、チームの順位が1つ変わるといっても過言ではありません。
a0344573_17160942.jpg

暫定守護神のシュリッター。本日間近で見て思ったのは、とにかく速いです。加えて球も重たそうなので、確かに抑えには向いていると思います。今日もこのくそ寒いなか、150キロほどのストレートをばんばん投げていました。もう少し気温が上がればスピードも上がってきそうな予感がします。とにかく蒸し風呂と化す前半までに少なくとも中継ぎのパターンは確立しておきたいところです。

打線は、浅村が好調でレフトに鋭い打球をかなり飛ばしておりました。浅村は明日開幕しても問題ない状態までに仕上がっていますね。
今年は先発投手陣とムラのある守備が改善ればAクラスはいけると思うのですが、こればかりは蓋を開けてみないとわかりませんね。
固くなったマウンドが投手陣にどういう影響を与えるのか注目しておきたいと思います。

↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-03-15 17:35 | 野球 | Comments(0)


昨日はろくに試合を見ていないんのですが、もうちょっと楽に勝てたんじゃないかなーというのが本音です。WBCの指揮とるの野村さんに変わってほしいのが本音。でもまあ無理ですね、年だから。やっぱり小林のリードにダメ出し辺りさすがやと思います。

牧田の采配に関する話はなかったですね。基本的に、抑え牧田に固定したのなら、9回の登板は牧田でよかったはずです。というので、あればどうも牧田を抑えで固定することに若干迷いがあるような気がします。『柔よく剛を制す』ではないですが、今回は豪の字の方が似つかわしい。抑え投手は必ずしも、球が速ければよいというわけではありませんね。

そして、炭谷を使わないのなら今すぐ嶋と入れ替えてくださいよ監督。(オランダ戦も出番なし)

小林のリード見てると、本当に昔の炭谷とそっくりなリードをしています。リード面においては正直、炭谷のほうが上かなーなんて思うのですが、監督がよほど使いたくない理由があるようです。今回みたいな総力戦に備えてどこかで出番を作ってあげるべきで、中国戦ですらそれをしなかったので、キャッチャーを偏っていると、スコアラーなどもいるわけですから、下手をしたら小林のリードを分析されたりsたら厄介です。今後イスラエルやドミニカといった競合に小林だけを使って挑むなんていうのは愚の骨頂です。昨日の試合は、本当にたまたま勝てたからよかったというような試合で、今年の編成は中継ぎ~抑えに若干に不安を残す編成になっています。今は何とか打ち勝つ野球で勝てていますが、相手の投手陣のレベルが上がってきたらそれも難しくなってくるでしょう。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-03-13 15:26 | 野球 | Comments(0)
さて、昨日の中国船は見れませんでしたが結局炭谷に出番がなかったことにがっかりしています。打てないと言われてきた小林がしっかり打ってきている状態にまで上がって、捕手小林に全幅の信頼を寄せているみたいなことが記事に書かれていましたが

だから、炭谷使わないのなら返してくださいよ、監督!(中国戦も出番なし)
アメリカが本気を出さないことで定評のあるWBCですが、オーストラリアやイスラエル、ドミニカなど結構この辺りがメジャーリーガーがゴロゴロいて、国の威信をかけて闘ってくれるので、第一回大会の頃に比べて盛り上がってきていますね。いい加減商売感情で怪我人を出すことを嫌がるあまり、消極的なアメリカにはこれらの国の姿勢をほんと見習ってほしい。

二次ラウンドも日本だやれるのは幸いですが、今後はキャッチャー小林だけでは通じないでしょう。

青木辺りも決して若い選手ではないので、どこかで休ませるという決断も必要になってくるはずです。ベストメンバーで臨むというてましたが、ここからは総力戦でいかないとまず世界一奪還など不可能です。犠打や進塁打など細かいプレーがどこまでできるかも今後は大事になってきます。基本的には第1回大会で王監督が掲げた『スモールベースボール』を踏襲することでしょうね。パワーで勝てない日本人が勝つにはそれしかないと思います。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-03-12 09:38 | 野球 | Comments(0)
ここ最近授業がないことが多かったので、久々びテレビでWBCのキューバとオーストラリアとの試合を見ていましたが、どうも見ていて腑に落ちない点がいくつか残っています。このまま二次ラウンドに進出して大丈夫なのか?と不安になるような消極的な采配だったかなと思います。今回は、たまたま勝てたからよかったものの、采配が必要となる僅差や劣勢の場面で動く状況がありませんした。この場面でどうするのか、2次ラウンドはその辺りのことも考えてほしいと思います。具体的には2つです。

①小林以外の控えキャッチャーをどこかで使う場面はなかったのか?

大野が劣勢に追い込まれたときの代打で、住谷が控え捕手といったところなのでしょう。ただ、小林のバント失敗の場面なんか見ているとまだまだ不安が残りますね。今日の中国戦はどうするのか分かりませんが、正直きちんと捕手は使っておいたほうがよいと思います。

②控え秋山って贅沢すぎじゃない?

…強化試合のオリックス戦で、代打として出てきた秋山が逆転打を放ったという話を聞いてそもそも秋山最初からスタメンで使えよと思うのですが、そこまで阪神戦でデッドボールをくらったとはいえ、仮にもシーズンでイチローと同じレベルでヒットを量産した男ですよ。連戦ということも考えてスタメンで使ったほしかったと思います。

要するに、
秋山と炭谷使わないのなら返せよ!というお話です。
リアルに出番を見かけなかったからね。本当ならオープン戦で実践を積ませたいのに侍ジャパンのベンチウオーマーというだけでは何か釈然としないので、怪我だけはしてほしくないのが本音ですが、使われないというのも腹だ立ちますね。まあ、そもそもメンバーが随分と外野に偏りすぎな気もするので、誰か怪我したら本当に危ないメンバーになっています。本当に苦しいのは二次ラウンドからになるでしょう。秋山、炭谷しっかり使って上位を目指してください。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-03-10 15:22 | 野球 | Comments(0)
昨日はキューバ代表に快勝したようで、監督いはく申し訳ないがキューバにかつての迫力を感じなかったとのこと。仕上がりは順調なようです。ルーキーの源田がかなり目覚ましい活躍を遂げているので、開幕スタメンあるかもしれませんね。開幕投手は雄星でしょうが、だいたいの先発のラインナップももうそろそろ見えてくるころですね。本拠地でオープン戦が始まれば、雄星から逆算していけば良いので、その前にだいたいのローテーションを除く予想される投手を挙げていきます。あくまで素人考えですので、ベンチ入り何人などの細かい定義はやらないのでご了承ください。

先発候補 (右)多和田、野上、十亀、ウルフ
(左)菊池、佐藤(勇)

いちおうこんなラインナップでしょうか、表の頭が雄星で、裏はウルフ辺りでしょうか。その他キャンデラリオなどの新外国人はまだ未知数なので、ここではカウントしないことにします。実績ある菊池、野上、ウルフ辺りは二桁買ってくれないと厳しい。これに多和田あたりが安定して白星を重ねてくれると、オールスター前までの前半はこんあ感じのローテーションで回すのでしょう。

中継ぎ (右)郭、豊田、藤原、岡本(洋)、牧田、大石、岩尾
(左)小石 武隈

抑え(右)増田

うーん、今思い浮かぶラインナップで名前挙げていったらこんな感じになりました。高橋(光)はまだ怪我の回復が厳しいため、今期も暫定抑えとして増田がこのポジションで、牧田も去年と変わらず便利屋になりそう。左が少ない印象ですが、多分自分がパッと左の投手が浮かばないので、右が多くなっています。(ちょっと偏っている…)

それと、西武ドームのマウンドが改装されて固くなったようです。この点含めてプラスに転じてくれればよいのですが、今年の中継ぎはまだ何とも言えません。外人の投手がかつてのウィリアムスばりの働きをしてくれるとだいぶ安定すると思うのですが、こればかりは蓋を開けてみないとわかりません。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-03-06 14:31 | 野球 | Comments(0)
先週末から、対外試合が始まりました。来週ぐらいから、オープン戦に突入していきます。で、気になってくるのが今年のオーダーはどうするんだろうという点。いろいろ、思うことはありますが、去年の開幕時のオーダーを参考までに挙げてみます。

一(中)秋山
二(左)栗山
三(指)メヒア
四(三)中村
五(二)浅村
六(右)坂田
七(一)山川
八(捕)住谷
九(遊)外崎

…いまこうやって考えてみるとかなり攻撃的なオーダー。ちなみにシーズン最終戦が対戦空いてが日ハムー大谷で、今年は開幕に投げられるかはしりませんが、参考になるかなと思い、そのときのオーダーも挙げてみます。怪我人もたくさんいるため、お世辞にもベストオーダーとはいえません。

一(中)秋山
二(三)外崎
三(二)浅村
四(一)メヒア
五(捕)森
六(指)中村
七(左)栗山
八(右)坂田
九(遊)呉

うーん、遊撃手を誰を選ぶのかがポイントになりそうだ。それから、現時点では、森も捕手として育てたいようなので、攻撃的オーダーを組むなら、キャッチャー森と行きたいところだろうが正直これを予想するのは大変そうだ。それでもあえて、考えるとすると

一(右)金子
二(左)栗山
三(二)浅村
四(三)中村
五(指)森
六(一)メヒア
七(中)秋山
八(捕)住谷
九(遊)永江


左右のジグザグを考えるとこんな感じになるかな。盗塁王の金子が出て、栗山がフォローしてやり、右の浅村に続けて、クリーンアップでランナー返せというパターン。秋山の位置がこんなところでいいのかという感じもありますが、俺ならこんなオーダーを組むという感じです。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-02-27 08:07 | 野球 | Comments(0)
2月から始まったキャンプですが、早々に高卒ルーキーの今井が離脱してしまったようです。ケガは怖いですが、やはり高卒1年目をキャンプに呼ぶとアピールしたいが故、無茶をしてしまうのですかね。雄星のときもそうだったし、やっぱりこの辺りは慎重に考えてもらいたいものです。1年目は身体作りの時期と位置付けて、走りこんで身体を作ってもらったほうがいいと思います。そういえば、まだ雄星が2軍に在籍していた2011年当時、ファームに試合を身にいったことがありますが、当時の石井貴コーチの体格と比べると歴然としていて、遠目から見ていても大人と中学生ぐらいの体格の差がありましたから、それから5年あまりが経ち写真など見ていても勝ちだしてからの雄星はだいぶ身体がどっしりしてきたなあというのを感じます。

以前、何かの雑誌で雄星が『メジャーに行きたい』というようなことが書いてありましたが。岸が抜けてしまったからには少なくとも

15勝はしてもらわないと


僕はメジャーに関しては、基本放任主義なので、行きたければどこへでも行ってこいよ!主義です。ただ、今年の雄星については、西武のエースを名乗るからには20勝とはいいませんが、ぜめて最多勝争いに加わるぐらいの風格をもってほしいと思います。先発の軸としては雄星、高橋(光)、多和田あたりが軸となっていくでしょう。ここに野上や新外国人(かなり人数が多くていまだに名前がおぼえられていない)を加えてローテーションを回していくのでしょうが、1年間しっかり実績を出したピッチャーが雄星しかいないので、コンスタントに勝てるように頑張ってもらいたいと思います。というわけで、メジャーに行きたくば、シーズンで15勝はしないとそもそも球団のスカウトが振り向いてくれいと思いますし、向こうはケガをしないことが一流選手の証明となります(その点でいまだ現役を続行しているイチローはすごいと思う。)今年のシーズンは雄星の勝ち星に大きく左右されることになりそうです。少なくともソフトバンクの負け癖は払拭してもらいたいと思います。


↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今シーズンこそ…という思いをこめて下記のバナーをポチっと押していってください。そうでない方もお願いします。記事を書いていくモチベーションとして励みになりますのでよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-02-06 08:29 | 野球 | Comments(2)
今日から2月ですね。岸の楽天移籍が決まってから、どうも何か書く記事がネガティブなものばかりになりそうな気がしていたので、1月はライオンズの記事を書くのをあえて控えていました。というわけで今日からキャンプです。ここ最近、後になってキャンプで何をやっていた?という体たらくなキャンプばかりを過ごしていたので、監督が変わって去年の秋季キャンプの報告なんかを見ていると少しは意識が変わってかなというような状態です。

辻監督は、もと中日のコーチだったので、中日といえば、12球団で屈指の練習量だったので、ケガをせず立ち向かってもらいたいものです。岸が抜けたので、ペナントも外人が活躍しなければ今年もそうとう厳しくなるでしょう。状況として松坂が抜けた2007年によく似ています。今のロッテなんかを見ていると前西武だった伊東監督はやりくり上手と思うことが多々あります。

基本的には抑えも不在だと思いますし、完投できる選手も少ないし下手をすればまた『投壊』というような状況が待っているかもしれません。そこのところを守備や打撃でどうカバーするかが今シーズンの見どころになるでしょう。ここ最近Bクラスと低迷しているなか、ある意味では強いチームへの負け癖(特にソフトバンク)を払拭できるか、また普段の試合を見ていてもソフトバンクの選手たちは隙あらば、常に次の塁へ進めてやろうという意識が決定的に違うため、それに気づかせてあげることも大事だと思います。去年メヒアがあえてやろうとした送りバントなんかはほんとうにその好例だと思います。(自分が監督だったら次の日から絶対に4番を打たせている。流石に辻監督は頭のよい方だと思うのでそういうことは絶対にできると思います)

一時期は、監督は華やかな秋山といったビッグネームを期待したなかで、結局中日の地味なイメージが残っているのですが、今の西武に最も必要なのはこうした堅実な地味さかもしれません。後は監督が若い選手をどこまで理解し、この監督のためにと思えるかでしょうえ。自分のビジョンをしっかり持っているし、さすがにオーナーが頭を下げて監督として連れてきたのだから、前監督のように傀儡になることもありえないでしょう。

森ー野村ー落合といった名監督のもとを渡り歩いてきた手腕がどれほどのものか、おそらくは下手に動かず、それでも『何かやってくるのでは』と警戒させるのがいちばん良いと思いますが、野村監督はキャンプの期間に『フォースボーク』などの練習をさせていたそうです。それをあえてマスコミに報道させ、実際には動かず。オープン戦なんかは、別に失敗してもかまわないので実践する。シーズンに入り何かやってくるかもしれないと警戒させておきながら、その警戒心を利用してひたすらボールが甘くなるのを待つなんていうことをやっていたそうです。策士ですね。

その帝王学を学んできた辻監督が初年度でどれぐらいの実績が残せるのか、岸が抜け優勝は厳しいかもしれませんが、それでもどこまでやれるのか暖かく見守りたいと思います。

↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、今季こそ助っ人外国人が当たりであることを祈願してポチット押していってください。引き続きまた野球の記事もぼちのち書いていきますので今年もよろしくお願いします<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2017-02-01 08:43 | 野球 | Comments(0)
気づいたらまた海外から何人か、抑え投手とまた先発候補の外国人投手を連れてくるようです。
岸に出ていかれたことが、球団にとっての一大事だと思うんだが、どうも上層部に危機感というものを感じないのです。
岸に出ていかれたのなら、それ相応の補強はしなければいけないと思うし、ある程度のトレードは仕方ないとも思います。特にライオンズは外野手がたくさんいるので、どこか他球団から中継ぎなりセットアッパーを連れてくるなりやればいいだけの話なんですが、あいくかわらずいなくなった選手の穴を埋めるだけの補充になっている感じしかしないのです。

まだ外人の名前すらパット出てこないし、そもそも一軍で活躍したためしがないので、いい加減にこの補強の仕方をやめにしてもらいたいんだが、無理か今の首脳陣では、上の考え方が変わらない限り、当分はソフトバンクには叶わない事態が続くでしょうね。悲しいけれども、もっともまともに積極的に動かなければ優勝などありえません。それでも、もし優勝できるとしたら、それは辻監督をはじめとした頭脳野球がうまく機能したときでしょうね。岸流出によって、波乱の幕開けになりました。どう考えても来年も優勝は厳しいでしょう。でも、辻監督の頭脳でどこまで持ちこたえられるか、それが来年のチームのみどころになりそうですね。

↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、同意していただける方また来季こそ優勝による美味しいお酒が飲めることを祈願して下記バナーをポチッと押していってください。<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-12-26 22:07 | 野球 | Comments(0)
楽天からのプロテクトから届くやいなや,さっさと金銭を選択したようです。
まあ、巨人とかならともかく、楽天という球団から考えても、去年のロッテもそうしたようですし、まあ妥当な判断といわざるをえないのかもしれませんね。で、結局外人投手を補強というのも何だか全く変わらないようで、来年は高橋(朋)がケガの影響でまだ当面は戻ってこれないでしょうから、ウルフで先発は補強しているので、未知数の外人よりかは抑えの固定で取ったほうがまだ確立がいい気がします。

その点でウィリアムスのようなセットアッパー兼クローザーがこなせる投手を連れてくるほうが、勝てる外人先発を連れてくるよりかは確率的には高い気がしてきました。結局、いつもと変わらない外人補強ですが、やはりFAやトレードに関しては及び腰になっているところが評価しがたいなあ。結局はいつもと変わらず蓋を開けてみたら結局例年と変わらずさして使えなかったということだけは勘弁してもらいたい。
↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ち寄りのライオンズファンのみなさま、同意していただける方また来季こそ優勝による美味しいお酒が飲めることを祈願して下記バナーをポチッと押していってください。<m(__)m>


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-12-19 12:19 | 野球 | Comments(0)