ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

カテゴリ:北辰( 17 )

第6回の北辰結果が返ってきました。改めてデータや結果をちょっと検討していくことにします。

全県得点平均
国語 57,0 数学49.8 社会47.9 理科48,7 英語55.0

理想のテストとは、平均点が50点になるテストであるといわれがある以上、この数値を見ると、ある意味北辰の問題はとてつもなくよくできている。近年の北辰は以前自分が大学生講師だったころと比べて傾向が県立入試により近い形になり、本当に偏差値を上げるのが大変になってしまった。ただ、それでも入試は待ったなしだから、この結果を含めて来期以降の自分の授業の方向性や今後などを検討していく材料にしていきたい。そこで気になったことをいくつか箇条書きして整理する。

理社を制するものが受験を制す。

夏休み明けの第4回まではうちの塾ではトップの子が固定していた。ところがそのトップの子が志望校を私立に狙いを定めてから、理社に手を抜いてしまったためか、第5回からトップが入れ替わった。現在トップの子は社会の伸びが凄まじく、夏休み以前の回と直近の回で+8ほど偏差値を伸ばしています。(60→68)多くの子たちは勉強していても横ばいか下げることも普通なわけですから、この伸びは素晴らしい。今回社会で65以上取ってきた3人の子たちは県立入試でも安定して成績取ってこれるでしょう。この学年の子たちは理科も非常に高く、また集団授業もうまく機能して全体の塾内偏差値平均が60を超えた。これは誇れる数字といっていい。まあ、集団授業を担当してくれた若い講師の手柄にしてしまうのがいちばんよいかな。自信にしてもらったらいい。

英語はやはり構造が大切
夏休みだけ、俺の英語の夏期講習を受講した子、もともと偏差値60程度あった子ですが、夏休みは長文問題を一切やらずに、構文読解にウエイトを置きました。後は自主的に英単語・熟語のボキャブラリーを増やしてもらい、お盆休みに英訳した日本文を日→英変換できるようにする練習を課題として課して偏差値67まで行きました。昨年は英語でイマイチ結果を出し切れなかったので、ある意味今後レギュラーの子たちは今その構文の日→英変換をさせているのは以前の記事で書きましたが、その正答率が如実に偏差値に現れています。12月北辰までにはある程度書けるように仕上げておこう。

目標まで後0.5歩

自分が集団授業を担当した社会、とりあえず後期の集団授業を受けた子は8人ですが、1人都合により北辰を受けていないので、その子は抜いて7名の平均を出すと…

第6回平均 59、4でした。
悔しいなあ。今回は正答率15パーセントの東条英機を的中させたので、なかなかこせなかった偏差値60の壁を5名の生徒が突破してくれたのは、よかったが、極端に社会が苦手な生徒が1人で偏差値を下げたしまったのが60の壁を越せなかった要因。今は定期テストに集中してほしいので、とやかく言うことはしないけれども、この数値は本人が一番まずいと思っているだろうから、テスト明けたらビシバシしごいていくことにしよう。前期集団授業のみを取り、後期を受けそのいない子はたいていは横ばいか、下がってしまっている子がほとんど。特に社会は、1人の独学で何とかなると思われる筆頭教科だがその考えでいると危険だな。来期以降の警鐘の材料にしたい。結局は意識の差が偏差値の差につながったということ。


私立志望の子も1人社会の集団授業を受けていたのですが、この子は北辰でまだ思うような数値が残せず私立が提示する確約の条件が取れないというので、12月北辰で何としても数値を取りにいくという背水の陣を敷いて、理科・社会の特訓授業をする運びになりました。残りの12月までの短い期間で成績をスパークさせるなら3科目よりも5科目を引き上げてくほうが可能性が高い。この子の評価したい点は、私立を受けるからといって最後まで理社を捨てなかったこと。多くの子たちは私立に志望を決めると理科社会を勉強しなくなって成績を落とす子が圧倒的だが、それでもこの子は(私立志向に傾きながらも)理科・社会を最後まで授業をしっかり履修したのだから、短い時間であっても伸びしろは十分ある。後はどれだけ本気になれるか。

高校に入ったら今後の大学受験は小論文のような形に近くなっていくから、そのときに中学校のときの知識がないと苦労するぞ。逆に私立はもう少しこの理社の比重を考えてほしい。7月時点までトップだった子も、要求する私立の基準が3科でだったからで、国語の偏差値は70を超えているが、それでも5科総合だと苦手科目が1科目程度あっても、総合では理社ができる子のほうが上にくる逆転現象が生じた。

12月北辰に向けて
集団授業は終えてしまったが、まだ伸ばさないといけない子が、今回集団授業を履修した子のなかでは60のレベルを超えられなかった2名。ある意味、俺が恵まれているのはこの2名が背水の陣を敷いて、本気で取り組んでくれることか。忙しいや時間がないなどもう言い訳にはならない。授業だけでは限界があるので、塾のシステムや課題を上手に使いこなしながら、12月北辰は何としてでも、平均偏差値60超えは達成したいと思う。結局最後まであきらめずに頑張ってがむしゃらに暗記や課題に取り組んだ子たちが劇的に偏差値を上げるのだ。




↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-11-19 21:45 | 北辰 | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by masa717h | 2017-11-18 10:02 | 北辰
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by masa717h | 2017-11-13 09:23 | 北辰
先日第5回の北辰の結果が返ってきて早速内容を確認。先月より、3教科、5教科の偏差値は微減といったところですが、どういうわけか社会だけは突出して伸びていました。今回から新たに公民が範囲に加わったので、夏休みから講習とった子には先取りの範囲としてやらせていましたので、今回から圧倒的に伸びた子がたくさんいました。これはいけるんじゃないかと、後期の授業を受けた子の平均の偏差値を算出してみると…

67、64、65、64、59、57、46、51…

これを8で割ると…

10月後期社会受講者平均59,125
まじで、これ偏差値をあと1上げればいいとかではなく、あと0,9で目標到達。前期の時点ではすさまじく高い数字であったが、これでおそらくもう少しで手の届くエリアに近づいてきた。これから、公民の配点が高くなってくるので、まずは苦手な子たちはそこを重点的にやってもらう。これで、後期の社会の授業をやる意味というのも出てきたので嬉しく思う。

65前後の子たちはこれをキープする形で、60前後の子たちもどちらも今回の定期テストが地歴の範囲全部ということもあり、ある意味では北辰対策になっているため、実際歴史が苦手でそうとうやりこんだそうだが、定期試験にはあまり出なかったと嘆いていたが、おそらくはその勉強は直接北辰の結果に直結してくるはず。後は、今回50いかなかった子を俺がフォローしてあげればいい。テストが終わった直後にその話をしたら、やはりそうとう悔しかったのだろう。授業後テストが終わったばかりで疲れているなか1時間ほど自習していった。

社会が本当に大の苦手だったH君も連続で50を超えた。最近では、俺公民はめっちゃ得意ですっていえるようになってきた。まあ、10月の北辰は範囲が狭いからしっかり対策を施せば点数取れるのは当たり前。ただ、この1分野でもできるというのが、今後に繋がる。

ところで、このブログによく出てくるハカセ君は、H君の部活の先輩で、彼がH君をたまに歴史分野とかを熱血指導してくることがある。ハカセ君の頭の中にあったのは、『とりあえず、アイツの成績を社会で北辰50は取れるようにしてやらねえと…』

ハカセ君の目標は達成した。後は、受講者の平均偏差値60到達という俺の目標を到達するのみ。夏休み前に宣言した目標是非達成できるように頑張ろう(俺も生徒も)。


↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-10-15 10:10 | 北辰 | Comments(0)
さて、昨日は北辰テストだったわけですが、塾はお休みなので、昼過ぎに近くの街までふらふら歩いて出かけると、制服を来た中学生の子たちがちょうど終わったぐらいの頃合いで自転車で見かけました。まあ、まさか首根っこつかまえて、北辰どうだった?と訊くわけにもいきませんね。今日、来る子には聞いてみよう。前回の第4回の北辰テストのデータを整理していたんですが、思ったことは今年の子たちに限っていえば、近く(西部地区)の進学塾が開示してくれているデータとがっぷり4つな状態。ある意味、第4回の北辰は夏休みの頑張りがそのまま成果となってあらわれてくるわけですが、半数以上が前回の北辰より偏差値を5以上押し上げています。

中でも、特に頑張ったのがH君。社会が苦手で、前回の偏差値が40だったにも関わらず、この夏休みで一気に51まで引き上げました。集団授業の成果と、夏休みの課題特訓の成果が出たのでしょう。残念ながら、目標としていた塾生平均60には届きませんでした。1,2年の復習分野までを終わらせていたため、近現代をやる時間がなかったのが、前回に比べて社会の塾内偏差値平均を押し下げてしまった原因かな。もとより、地理のほうが歴史より得意という子たちが多いので、北辰社会の配点は第4回は歴史のほうが配点の比重が高かったのでしょう。また、歴史の正誤問題にはただ、知識を点として捉えていても、求められるのは線としての知識なので、ここのところで失点した子多いんじゃないかな。社会に至っては、問題も難しかったのでしょう。八幡製鉄所が設置された理由として資源まで聞いてくるパターンは練習させていませんので、できなくて当然です。後期の社会は私立高校を見据えた子たちはとらないという子もいる(けっこう多い)ので、再度後期の社会を取る子のみで塾内偏差値平均を算出すると56,8という結果でした。目標まであと5、ただこれで偏差値50以下の子がいなくなったので、後期からは思い切り実践的な内容に踏み込んでも大丈夫でしょう。といっても、ほとんど内容は公民なんですけどね。既に学校は公民に突入していますが、公民難しい、よくわからないと苦しんでいる子が多いようです。言葉が難しいので、初期のうちは公民の解説に時間を割かれることになりそう。

改めてデータを整理しておくと
北辰の[全県得点平均]
国語57,8 数学47,0 社会42,0 理科 43,7 英語 44,9

理系科目の先生方いわく、従来に比べて問題が直で、数学にしろ、理科にしろそこまで難しくはなかったという印象でしたが、この結果ですね。学校選択の影響を受けて、英語も問題がかなり難易度が高く、どちらかというと点数が取りにくくなっているのだと思います。

で、うちの塾の子たちはというと
北辰の[塾内偏差値平均]
三科目平均 56,4
五科目平均 56,7

5科目平均が3科目平均を上回るという立派な数字。さらに、一人私立中の子がなかに含まれているので、実際理科と社会はほとんど勉強しておらず平均を引き下げているものの、それを含めてのこの数字は凄いと思う。で、その原因はというと、これはもう学校の先生のお陰だろう。普段の定期テスト対策がそのまま北辰の対策に繋がっているからだ。理科なんかはそのさいたるもので、学校ワークが1年分野から3年の範囲までを網羅したものになっている。だから、定期テストで今度の試験範囲は1年部分のこの辺りからも出すと言えば、それがそのまま北辰の対策にもつながる。社会は認めたくはないけれども、範囲を地歴全部という形で出すので、範囲のない北辰みたいな実力テストには強くなるだろう。塾はどちらかといえば、国・数・英の3科目の数字をまず上げてナンボという風潮があるけれども、高校生を指導していて思うことは、高校生になって伸びる子は、少なくとも5科目しっかり勉強しきった子たちが圧倒的だということだ。このところをもう少し掘り下げてみたい。
↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-10-02 09:41 | 北辰 | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by masa717h | 2017-09-30 11:24 | 北辰
先日返却された北辰テスト。特定されないよう生徒名をアルファベット表記で。社会の塾内偏差値平均60到達に向けて社会の偏差値のみ列挙してみます。

生徒A 67
生徒B 63
生徒C 61
生徒D 60
生徒E 64
生徒F 58
生徒G 51
生徒H 46
生徒I 48
生徒J 57
生徒K 40

俺の集団授業を受けた子のみ抽出してみましたが、やはりこの学年既に偏差値60まで持ってきている子たちが多いので、できる子たちを記述特訓でさらに引き上げ、少し学習がしんどい状況な子たちはそこは個別でフォローしている。現在の塾内平均は55といったところか。というわけで、9月の塾内偏差値平均60に向けて一歩前進したといえる(そもそも4月の時点で受けていない子がほとんどですが)。

各自課題もしっかり見えてきた。できる子はさらに伸ばして、できない子は落とさない問題を確実にとらせるようにして目標を達成したいと思う。全員を伸ばすというのは生半可なことではない。しかし、この夏休みでそれに1つでも近づける状況を作ってみようと思う。
↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-07-28 08:45 | 北辰 | Comments(0)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by masa717h | 2017-05-13 09:10 | 北辰
先日、中2が受けた北辰テストが返ってきました。去年の子達は、ここから最初の出だしで苦しんだ子たちが多かったのですが今年は…

生徒A 国語SS60 数学SS66 社会SS58 理科SS60 英語SS65
生徒B 国語SS61 数学SS57 社会SS64 理科SS59 英語SS55
生徒C 国語SS61 数学SS53 社会SS63 理科SS60 英語SS58
生徒D 国語SS44 数学SS67 社会SS64 理科SS62 英語SS52
生徒E 国語SS54 数学SS48 社会SS44 理科SS63 英語SS45

習い事や部活などで受かられなかった子もいますがひとまずの結果として全体的にレベルが高い。この時点で何かしら1教科は武器を持っているというのがこの学年の子達の強み。レギュラーで指導している子に関しては、おそらく時間配分に失敗したな(最初はだれもが通る道)。初めて受けて、それも最初の教科だったので多少焦りもあったとのこと。というわけで、昨年のような色塗り表示がまっさらな状態からのスタートです。(すでに必要のないレベルにまで達している感じもしますが)。講習のレベルをどうしようかちょっと悩んでいるところです。解答の中身まで見ていませんが、状況によっては記述対策を早めに終わらせられそうです。


↓いつもご訪問ありがとうございます。参考になった、勉強になったという方は下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村


[PR]
by masa717h | 2017-03-17 23:45 | 北辰 | Comments(0)
11月の北辰結果がかえってきました。塾全体のできとしてはあまり…という形であるが、そのなかでもやはり夏休みからしっかり頑張っていた子はきっちり成績を上げてきたという感じですね。個人の目標は未達に終わってしまいそうですが、それを生かして次の指導にいかしていきたいと思います。

まずは9月の北辰結果
生徒A 国語SS43 数学SS46 社会 SS43 理科 SS43 英語SS47
生徒B 国語SS54 数学SS53 社会 SS39 理科 SS53 英語SS46
生徒C 国語SS55 数学SS55 社会 SS52 理科 SS53 英語SS42
生徒D 国語SS52 数学SS42 社会 SS50 理科 SS37 英語SS43
生徒E 国語SS67 数学SS57 社会 SS63 理科 SS57 英語SS57
生徒F 国語SS57 数学SS58 社会 SS61 理科 SS64 英語SS59
生徒G 国語SS54 数学SS65 社会 SS57 理科 SS61 英語SS61
生徒H 国語SS45 数学SS52 社会 SS41 理科 SS51 英語SS41
生徒I 国語SS38 数学SS44 社会 SS37 理科 SS37 英語SS29
生徒J 国語SS42 数学SS43 社会 SS43 理科 SS37 英語SS43
生徒K 国語SS56 数学SS59 社会 SS57 理科 SS60 英語SS59
生徒L 国語SS55 数学SS49 社会 SS69 理科 SS56 英語SS56

ここから11月の北辰結果
生徒A 国語SS50 数学SS49 社会SS44理科SS41 英語SS42
生徒B 国語SS57 数学SS51 社会SS43 理科SS46 英語SS44
生徒C 国語SS48 数学SS49 社会SS45 理科SS41 英語SS43
生徒D 国語SS51 数学SS45 社会SS51 理科SS45 英語SS51
生徒E 国語SS62 数学SS63 社会SS47 理科SS62 英語SS54
生徒F 国語SS64 数学SS63 社会SS56 理科SS48 英語SS57
生徒G 国語SS57 数学SS62 社会SS47 理科SS62 英語SS64
生徒H 国語SS41 数学SS47 社会SS35 理科SS46 英語SS45
生徒I 国語SS37 数学SS32 社会SS30 理科SS36 英語SS32
生徒J 国語SS60 数学SS59 社会SS61 理科SS63 英語SS60
生徒K 国語SS49 数学SS54 社会SS70 理科SS55 英語SS50
生徒L 国語SS44 数学SS51 社会SS41 理科SS40 英語SS45


モグラ叩きというのは、本当に見事な表現だな。教科により上がったり、下がったりのその差が激しい。社会が著しく下がっているのは、公民の影響だろう。ただ、そのなかでも先取りをしっかりやっていた、ハカセとS君は流石の点数。ハカセ君は、六大陸落としたのが本当にもったいない。ただ、偏差値70に届かせられたのは夏休みに記述特訓をやった収穫、6大陸落とさなければ偏差値73だったのに

S君悲願の偏差値60達成。唯一未達は数学のみだが、彼には独学の課題を出してある。自分を追い込むのがとても上手な子だから特に心配していない。逆に心配なのがモチベーションが下がっている数名が何人か見受けられることだ。ここは、喝を入れるなどしておかないといけないな。とにかく今の子たちは覚える力が弱い子が多く、自分の指導力のなさを露呈してしまう結果になってしまった気がする。
<br>

↓いつもご訪問ありがとうございます。お手数ですが、下記バナーをポチッと押していってください。可能な限り毎日記事を更新するモチベーションになるのでよろしくよろしくお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村

[PR]
by masa717h | 2016-11-20 09:51 | 北辰 | Comments(0)