ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

<   2016年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今週辺りから期末テストがピークを迎え、そろそろ面談など夏期講習の準備をしておられる塾が多いのではないだろうか。

個別指導の夏期講習は、勉強が苦手な子に対しては、勉強をしっかりとやらせるペースメーカーとして活用させる例や、また他塾や英会話教室なんかに通っていて、レギュラーでその教科はとっていないのだけれども、それでも提唱する場合は何らかの魅力を持たせないと空振りに終わる。

夏期講習で強化したい教科は、何といっても理社だろう、定期テストで点が取れないメンバーの特徴をあげるるなら、暗記に時間がかかりすぎて、それを十分に使いこなす演習が不足したまま本番を迎えてしまうといったようなもの。そもそも教科書も読まずに、定期テストのための増加授業で過去にそんな生徒がいたが、まあ授業の大半はお説教で終わった(笑)。レギュラ0で理社を取ってくる子たちが少ないぶんだけ、その分理社には力を入れないといけない。また教科の性質上、きちんと時間をかければ短期間で成果を得やすい科目であることは確か。だから、生徒や保護者にアドバイスをするなら、夏休みはこの理社に重点をおいて仕上げるべきだということになる。

勉強が得意で、他塾や英会話教室に言っている子に関しては、先取り提案なんかを思い切り進める。どのみちいつかやることなのだし、学年の壁を取っ払って、いろいろなことを吸収させてやりたい。ちなみに塾に在籍していいる中2の生徒で過去の北辰テストで100点を取っている。通常の英語授業の提唱では必要ないとけられたので、『映画の表現を通して英語を学ぶ』授業を提唱したら、見事に取ってきた。ちなみに内容は高2レベルである。過去にも紹介したがBTFの映画は時間が思い切り絡んでいるので、過去完了まで思い切り教えるつもりである。うんと刺激を与えてやりたい。

一方で去年と同じぐらいの夏期講習のコマの総数なのだが、そのための予習が大変だというお話。どんな予習しなければいけないのかちょっと整理してみよう。

高3現代文…志望している学部が法学部のため、現代文がむちゃくちゃ難しい。英語が苦手なので、レギュラーで英語の授業をとっているが、春の春期講習で一度現代文を担当している。あのときは、主に勉強法が主眼だったが、今回は実践として、センターから国立まで様々なジャンルを扱う。その生徒には、古文を猛プッシュしていたのだが、何故か蹴られた。古文は映像授業でよいということなのだろう。まあ、考えてみれば現代文だけは、生身の人間に教えてもらったほうが理解も違うだろうしね。で、現代文を取ってくるとはあまり思っていなかったので、こちらも予習が進んでいない。野球で例えるなら首位から10ゲーム差離されている2位チームの心境。

高2英語…春から1対1の契約を結び、典型的に出そうな文法問題を演習スタイルを貫き、この1年間で文法問題を1000題、読解問題を40題解くことを目標に頑張っている生徒。こちらも、1から文法問題をパソコンで作成していったが、この子はレギュラーで持っている子だから、今現在775問まで問題をつくり終えたところである。今週175題を終えたので、逆にこっちは2位に10ゲーム差をつけて首位を快走している1位チームの気分なのだが、夏のテーマである単語の特訓をまだまとめ切れていない状況。

中3社会…北辰の偏差値を基準に偏差値55~58辺りをさまよっている中級レベルと、まだ50に届かないような初級レベルに分けて教材を使い分けるようにしている。中級レベルは、今年はひたすら記述の特訓。今年kら50分の時間延長を鑑み、記述をきちんと書けるようにしておかなければまずいだろうし、作成する側もその変更をふまえて、そういうことをやってくるだろうという俺の読み。なので、当然まだ予習が終わっていない。ただ初級レベルの子たちは、まず用語をしっかり覚えさせるために穴埋め形式の問題をすでに作成してある。さらに欲張って公民の先取りにも手を出したので、やらなければいけないことが山積みに…。

中3国語…短期間で読解などは、力がつかないので、短期で力がつく知識、古文、作文にフォーカスする。ちなみに昨年全然書けなかった子が秋の北辰テストで満点を取ってきたことに驚いた。俺の基準では減点なのだけど。

7月1週ぐらいでなんどか目途をつけたいが、まだまだ先は長い。それに講師用の教材作成もまだ終わっていない。いろいろやることがあって大変だというお話でした。

↓そんな自分をクリックして応援していただけると大変モチベーションが上がります。ポチット押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-30 11:33 | 指導雑感 | Comments(0)
久々に1冊本を読んだ。

先日、今担当している生徒に『チルドレン』を読ませているので、もし生徒が続きがき気になるとか言ってきたらというのもあるが、久々に井坂作品を読んだ気がする。

『チルドレン』には、陣内という強烈なあくの強いキャラクターが登場し、短編小説の5つの物語にはそれぞれの人物が回想のように語っていくという話なのだがすべて彼の行動が組み込まれている。教えている生徒もギャングの展開ですっかりこの登場人物に魅了されてしまった。次の授業で、ずっと続きが気になったといい、次もやりたいなどという発言。俺からすれば、活字にまるで興味がなかった子が読書をするというだけでも十分目的を果たしたのだけれど、この手ごたえだともし読み終わったら、何か続きを用意しておかないといけないも…と思わせたぐらい。

『サブマリン』というタイトルから、どうしてもアンダースローの投手を連想してしまうのだが、一部で野球の件は出てきたものの、アンダースローとまではいかなかった。チルドレンの月日から12年たっているが、陣内さんは相変わらずという印象。冒頭の武藤との掛け合いが面白い。

小説を読むことは、俺が実験的に試している状況なので、今後はどうしようかも含めていろいろ検討してみたい。ただ、続きをやりたいのなら学校のワークを3回しっかりやっておきなさいという指示を出すと、絶対にやります!と宣言したからなあ(笑)。モチベーションのコントロールも含め今後も行っていくことにしよう。

↓ご訪問いつもありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになりますので、お手数ですがバナークリックをお願いします。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-29 13:00 | 読んだ本、参考書など | Comments(0)
ブックオフなんかを何店か当たってみると、おっと思えるような掘り出し物をみかけることがある。ここで、即断できないと次に行ったときには、なくなっていたりするから不思議だ。

山崎 亘さんという方が書かれた高校入試突破『計算力トレーニング』という本がなかなかよい。こんな、計算方法があるのかとばかりに、いかに速く計算できるかというメッセージがこの本には溢れている。今度研修の際に用いて、この本の手法を使わないで理系の先生と、この本の手法を用いて計算した文系の先生と、どちらが計算が速く解くことができるのか、実験としてやってみたい。おそらく、文系講師のほうが圧勝してしまうのではないか。それぐらい、この本には、使える要素がつまっている。

↓毎日記事を書くモチベーションになるので、お手数ですが、下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-28 14:07 | 読んだ本、参考書など | Comments(0)
昨日は、一度もプロ野球を観たことがないという朴先生と一緒にロッテ戦を観戦しにいってきました。
この一週間、やたらけが人ばかりが続出し、交流戦後のシーズンのほぼ半分が終了という段階で、はっきりいって、優勝の芽は、もうほとんどないと言わざるをえません。無駄にCS争いに食い込ませるぐらいなら、今年は、思い切って育成の年と位置づけて、しっかりと育ててほし

そういうことをしておかないと
今後ソフトバンクに勝てる確率が限りなく低くなってしまいます。
…そもそも、エラー数とバントの成功率の低さからいって、はっきりいって、優勝する言葉を口に出すのもおこがましいぐらいです。

小さな話題ですが、西武HDの株主様が株主総会で、「…もうけの経営に目を向けるばかりで、チームが強くならない。外部から、コーチを招聘したりしないのか…」と文句を仰ったそうで、他に森を捕手として使わないのかという意見もありましたが、この外部コーチ組閣の件に関しては、かなりいいとこついていると思います。

現実的に算段すると、18万もあれば出れるんだね。株主総会。そこで、もし俺が西武HDの株主になったら、きっと
送りバントの禁止を提言します。

…できないのなら、やるなという逆の発想です。昨日の試合、金子に初回に送りバントをさせる意味が全くわかりません。ライオンズの野球をきちんと理解しているなら、一番正しいのは、
攻撃は最大の防御なり作戦でしょう
…黄金時代の送りバントがなぜ有効だったかといえば、進めたランナーをきちんと次の打者が躍起になって、犠牲フライなり、単打なりと1点が計算でき、なおかつその1点をきちんと守り切れる守備力と投手力を誇っていたからです。最近のライオンズは、バントをすることが目的となってしまっているような気がします。あとは、今のチームカラーをきちんと、理解していれば初回にあの消極的な作戦はありえない。あの時点で、結果は見えていた気がします。

↓いつもありがとうございます。後半戦の巻き返しと、栗山キャプテンのオールスター出場と、これ以上怪我人による登録抹消がないことを祈願して立ち寄ったライオンズファンの方々は押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-27 08:04 | 野球 | Comments(0)
6月ぐらいからちらちらと去年の赤本が並びはじめています。ふと、書店に立ち寄ったときにふらっと、早稲田大学スポーツ科学部の赤本が目にはいったので、そういえば去年の合格最低点は何点だったんだろうと、手に取りパラパラとめくってみました。

例年、110点が合格ラインだったのに対し、去年の合格最低点が102点、受験生にとっては、そうとう難しかったでしょうね。何せ、各予備校の解答速報の答えがいくらか違ってましたから。…本当に去年担当した子の結果は、何点だったのだろう?試験の後日、自己採点したものを持ってきてくれたのだけれど、あのとき、英語と国語の全体の得点率は6割だったので、42+42の84点だとしたら、小論文ステージまで到達できたのだけれど、かなりの僅差で不合格となったのではないか?そんな気がする。

俺自身の、指導の反省としては傾向に拘り過ぎたこと。もし、今後大学受験生を担当するようなことがあったら、11月ぐらいまでいろいろなジャンルの文章を読ませ、そして傾向にこだわった対策をしない。ここが反省点。

…ただ、タイトルにも書いたけど、
大学当局は配点と正式な模範解答を絶対に公表しなければいけないと思う。
…どうして、不合格になったのかという納得ができるからだ。特に僅差の場合は猶更。
昔から、言われていることだが、早くそんな当たり前のことが実現されてほしい。
↓いつもありがとうございます。ポチット押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-26 08:28 | 指導メモ書き | Comments(0)
以前に、中2の子にスロウリーディングみたいなことがやりたいと書いたことがある。スロウリーディングとは、徹底的な精読のことである。ただ、あれは授業時間が豊富にある学校だからできることであって、なかなか塾の授業でスローリーディングを取り入れるのは難しい。

ただ、試しに小説を授業に導入するといった試みは行ってみた。いつも満点をとる小テストを終えると、趣旨を説明し、今日から読んでいくあらすじ紹介を、俺はホワイトボードに

「絶対に成功する銀行強盗の方法」
と書いた。目を輝かせながら、面白そう!飛びつく生徒。うん、ツカミはOKだ。これならいけるだろう。2冊手元に用意した1冊を渡す。
まるで劇の台本の読み合わせのようん、場面が展開するたびに、交互に音読を交代して、場面を追いかけていく。

…授業終了後、「とても面白かった。」と素直に感想を述べてくれた。うん、ようは今まで恵まれた本を読んでこなかったのだ。

…因みに、今回用意したのは井坂幸太郎の『チルドレン』。冒頭のギャングを一緒に読んだんだが、この本の主人公である陣内のキャラが、すっかり生徒を魅了したようで、場面のいくつかで笑いも起きた。

絶対と言い切れることが1つもないなんて、生きてる意味がないだろ!」
まるで、陣内さんにそう言われたみたいだった。活字嫌いを治すきっかけになってくれればいいな。今後も継続して、こんな教養を身に着けていくような授業をやってみたい。次回は、この場面を伏線にしたあのお話を読ませてみよう。果たして、リンクしていることに気づけるだろうか?定期テストの勉強をしっかりやってくるあの子だからこそ、できる授業だな。受験のテクニックなんてのはまだ先でよい。大きく育ててみたい。

↓最近立て続けに、記事の更新がブログ村に反映されずにへこんでいます。励ましのクリックを押していただけると大変ありがたいです。お手数ですが、バナーのクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-25 01:02 | 指導メモ書き | Comments(0)

近隣のS中が期末試験範囲表が出た。俺が担当しているのは、中3の英語と中3の社会。
社会が苦手という子に対して、本当にあまりにも苦手意識という状況が強かったが、最近はようやく、授業にくらいつくようになってきた。公民は、ほとんど出ないようなので、後2回の授業は、前回範囲の復習と、50分を想定した実践予想問題演習に費やそう。前回までは、なかなか演習にかけられる時間がほとんどなかったのが反省するところだったが、学校ワークの取り組みの進捗もおそらくいい感じだ。

後は、俺がオリジナルで本番よりも負荷の強いテストをつくって解かせみることにしよう。具体的には100問テストみたいなイメージ。
…塾の先生って、こういうことができてこそ超一流だと俺は思う。定期テストの過去問を解かせるなどというのはワケが違う。その前に、もう一度前回のテストも復習させておかないと。

これだけやらせてダメだったのなら
しょうがない
…前回は、不安なまま送り出してしまった生徒だけれども、今回の期末は手ごたえを感じる。そのために、毎日自習に来るよう保護者にも促した。…今が一番伸びる時期だ。明日、土曜と自習に来たならきっとその分だけ愚直に成績が上がるだろう。俺の課題は、満点を取るまで帰るな!という自習課題だが、数学のA先生がびっくりしておられた(そして、本当に満点をとって帰った)。俺が実際伸びると感じたのは、こんな時だと思う。多少強い負荷でもしっかり取り組むようになった。残り2回、しっかりと点が取れるよう指導していきたい。

↓いつもありがとうございます。更新するための、モチベーションにつながるので、お手数ですがバナークリックをお願いします。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-24 02:07 | 指導メモ書き | Comments(0)
最近、個別指導でも需要が増えてきた『国語』の授業。塾には、国語のマニュアルなんてものは、ほぼ存在しないため、多くの塾の先生は頭を抱えて悩んでいる科目だと思う。だかあ、たいていは英語ができる先生が国語も指導するなんてことは日常茶飯事だそうだ。

かくいう自分もそんな一人だったと思うが、最近指導していて少なくとも、●●を××する状態にまで持っていけば、学校の定期テストなら80点以上をとらせることが可能だというのが、ようやくわかってきた気がする。範囲表の漢字を満点というのは、最低条件だ。国語が苦手だといってくる生徒はたいていこの辺りができていないから、まずこれを改善するだけでも10点は上がる。基本はやはり教科書なので、最初は本当につかえたり、文を変なところで区切ったりして音読させると本当にいろいろなことがわかる。最近は、だいたい教科書の音読だけど、この子はだいたい何点ぐらい取れそうかということまでわかるようになった。

…俺は、国語の専門家などと自負するつもりはないが、きちんと研究を続ければ、点数をしっかりと確保することは可能だということがわかった。90点以上をとらせるためには、どんなステップが必要かというのが最近の課題。しっかりと研究を続けたい。

↓いつもありがとうございます。お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただけると更新意欲につながります。ポチット押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-23 08:04 | 指導メモ書き | Comments(0)
今頃、おそらくどの塾でも夏季講習の準備や申し込みに追われているだろうことと思う。
去年の反省をいかすなら、今年の夏季講習のテーマは、ひたすらに覚えこますこと。これは全教科共通。去年は、この暗記をおろそかにしている生徒がたくさんいた。夏は、インプットの時期だと思う。俺が担当している教化は、二つほどテーマを設ける。1つ目のテーマは、たぶん全員同じになると思う。国語なら、問題集のこのテーマの範囲をすべて覚えること、英語なら熟語50個覚えるといった感じ。後は、個別にテーマを設ける。

…少なくとも、この夏で指導している生徒については軸をしっかりと固めたい。定期テストで450点は取れるけれど、実力テストでは…という子のために、力をつけるためには何をすればいいかという処方箋を示してあげる予定。

↓いつもご訪問ありがとうございます。更新するためのやる気につながるおで、お手数ですが以下のリンクをポチット押していってください。お願いしますm(__)m

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-22 08:59 | 指導メモ書き | Comments(0)
うちの近隣の中学校の英語教科書はsunshine を採択しているので、おそらく、sunshine をお使いの塾の英語の先生は、今頃形式主語について解説をしているだろうと思います。で、この形式主語1つ問題がありまして、先生や学校のワークが『~にとって』という訳を平然で教えており、また学校のワークにもまたしれっとこの形で訳を出してくる、という点に自分は疑問を感じています。確かに中学校なら、これで構わないのでしょうが、高校英語で意味上の主語を習うときに、この訳だと確実に混乱必至です。

They waited for the train to arrive at the station.

『~にとって』という訳文、こういう文を見たときに通用しなくなります。for●● to…の部分を最初から「●●が…すること」と覚えていれば、少なくとも上の文章の和訳は彼らは列車が駅に到着するのを待った。だから、高校英語まで俯瞰して教えるというのが、最近になって気づいたとても大事なことのような気がする。少なくともこの文、列車にとってなどとやったら確実に意味不明な文になるのは確か。高校生になっても、困らない程度の英語の力をつけてあげたいと思うのだが、結局学校の先生やワークにやたら…にとってと訳させる。少なくとも俺にとっては、この訳し方は良くないと思った次第です。

↓いつもありがとうございます。これからもこういう教務ネタを時折書いていきます。続けるモチベーションになるので、ポチっと押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-06-21 09:38 | 指導メモ書き | Comments(0)