ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ほとんど、ハイライトで見ていないのだが、今年のオリンピック、柔道の躍進はすさまじかった。ただ、やはりこれは指導者の影響によるとことが大きいのだろう。井上康生は指導者としても超一流。コラムを見ていて、塾にも当てはまるようなところが多々あるように思えた。
各講師の統括を管理するのも、己の仕事なのだが、いまだに大量課題をかすということを要求する講師がなかにはいる。もちろん、テーマがあるのならそれでもかまわないのだけれども、あまり成果が出ないようなら指摘をしないといけない。



ブラジル・リオデジャネイロの地で、日本選手団は、史上最多だった2004年アテネ五輪の38個を抜く41個(金12、銀8、銅21)のメダルを獲得した。4年後の地元開催に向け、日本のスポーツ界全体が活気づく結果だろう。中でもかつて〝お家芸〟だった男子柔道が復活を果たしたことが、この快進撃を支えた。

12年ロンドン五輪で、男子柔道は史上初めて金メダルがゼロに終わり、母国としての威信は失われた。立て直しを敢行したのはロンドン惨敗の責任を取る形で辞任した篠原信一氏(現タレント)に代わって監督に就任した、井上康生である。

筆者は4年前、前監督である篠原信一氏や、当時、強化委員長を務めていた吉村和郎氏の横暴を度々指摘した。強化合宿をすればやたらと量をこなさせる前時代的な指導は、問題をはらんでいた。

気合いだ根性だ、とやたら精神論をぶち、午前中は走り込みや寝業、午後は乱取りと単純で画一的な練習を選手に課していた。以前のように階級別に担当コーチが決まっていたわけではないために、選手は誰を頼ればいいのか混乱していた。

首脳陣はケガを抱えた選手にも合宿への参加を強制し、国内大会への出場を義務づけ、選手が拒否すれば「代表選手から外す」というような脅しめいた言葉を投げかけた。13年2月に、女子の複数選手によってパワハラ告発がなされたが、そういう体質は男子にも根強くあった。

当時、特別コーチとして帯同していた井上は選手や所属先の声に耳を傾け、首脳陣に対し「担当コーチ制の復活」などを訴えたが、採用されず。首脳陣と選手の板挟みに遭っていた。

いわば惨敗すべくして金メダルゼロに終わったのがロンドンだった。帰国後、篠原氏は引責辞任し、吉村氏はしばらく強化委員長に居座ったが、助成金の流用疑惑によって失脚。不祥事を期に体制がまるっと一新されたことは、新たに監督に就任した井上にはむしろ幸いしたかもしれない。井上は次々と改革を断行していく。

テーマを絞る合宿、公平な選考

まずは強化合宿改革だ。合宿ごとに「技術合宿」「追い込み合宿」などとテーマを絞り、強化の目的をはっきりさせた。そして念願の担当コーチ制を復活させた。各階級の担当コーチは全日本強化合宿だけでなく、所属先での練習にも顔を出し、選手のコンディションを把握した。結果、選手の所属先とも良好な関係が築け、全日本チームと所属先とが連携した動きが生まれ、さらに外国勢の研究も二人三脚で行うようになった。

またオーバーワークを避けるために、初秋に行われる世界選手権に出場した選手には、初冬にある講道館杯の欠場を許可した。代表を争う選手達が「公平」に思うような横一線の競争を課し、そうして選ばれたのが今回の男子代表7人だった。

井上康生の柔道を初めて目にしたのは、彼が小学5年生の頃だった。当時から既に「山下(泰裕)二世」と騒がれ、小学生のタイトルを総なめにしていた。私事で恐縮だが、宮崎の片田舎の中学校でたいして強くもない柔道家だった私は、世界に羽ばたいていく彼を追うべく、スポーツ取材を生業とするようになったも同然だった。

高校から東海大相模に柔道留学した井上は、東海大4年時に出場したシドニー五輪において、オール一本勝ちで金メダルを獲得した。決勝の内股は、五輪史上、もっとも美しく、豪快な〝一本〟だった。表彰台では、前年に亡くなった母の遺影を掲げた。

日本選手団の主将として、金メダルが確実視されたアテネでは、五輪の魔物が彼を襲った。2度目の大舞台にもかかわらず、なぜか前夜眠ることができず、アテネの畳の上では憔悴した井上の姿があった。準々決勝で敗退し、敗者復活戦でも一本負けを喫した。

08年に井上は引退し、海外留学を経てコーチに就任。小学生から見続けてきた井上が今では監督なのだから、なんとも隔世の感がある。シドニーから数えてリオが5回目の五輪取材となったが、現役時代に栄光と挫折、歓喜と失望という両極端を五輪で味わった井上ほど、日本代表を率いるのにふさわしい監督はいないかもしれない。

挫折を経験した人間ほど、後々の人生は大きく成功するように思う。
根性論は、大手塾でよく採用されている手法、そして一部の私立の進学校がやってくる手でもある。このようなことをやり続けると生徒の脳が閉じてしまう。気をつけなければいけないところだ。

↓いつもご訪問ありがとうございます。毎日記事を各モチベーションになるため、押していってください。


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-08-31 21:35 | 指導メモ書き | Comments(0)
夏季講習の成果を試す物として、去年の北辰の結果が出たので、参考資料として、挙げている。いわゆる、長所伸長法といわれる技術を使い、何人かの生徒には、君は○○の教科がめっちゃできるね。どうせなら、この○○をこの夏とことん伸ばして偏差値70達成(突破)を狙ってみなよと声をかけてみた。なかには、頑なに苦手科目に拘り、数学でいうなら、一行問題集に時間をかけた者もいる。しかし、こういった結果を見ると、やはりまず得意な教科をとことん伸ばすというのが、正しい伸び方なような気がする。そのうえで、これ以上あげようがないとなると、苦手科目に波及していきやすい。その点が、去年と今年が違っている点。新たに入塾した生徒は割愛して、これまで俺が担当した生徒のみデータを出す。俺の講習を取った子は水色、レギュラーは赤表記。教室長から、理社が本当にできない学年と言われていたがある程度改善は図れた。

K.H 国語SS39 数学SS36 社会 SS36 理科SS46 英語SS34
Y.K 国語SS50 数学SS51 社会 SS73 理科SS59 英語SS55
H.K 国語SS58 数学SS63 社会 SS61 理科SS61 英語SS61
T.M 国語SS72 数学SS69 社会 SS62 理科SS51 英語SS57
S.R 国語SS69 数学SS56 社会 SS62 理科SS66 英語SS52
Y.M 国語SS55 数学SS47 社会 SS52 理科SS59 英語SS49
K.A 国語SS46 数学SS51 社会 SS44 理科SS49 英語SS48
N.Y 国語SS52 数学SS51 社会SS40 理科SS30 英語SS52
N.M 国語SS47 数学SS39 社会SS39 理科SS47 英語SS46
N.U 国語SS55 数学SS54 社会SS55 理科SS44 英語SS45
M.H 国語SS52 数学SS43 社会SS49 理科SS43 英語SS51

あくまでも、参考記録だが、去年の北辰について、国語なんかはかなり鼻につくような難題な漢字なでも交えているのだが、正直一部の生徒において、これほどまでの得点をとってくるとは思わなかった。もちろん、もとより得意だったからというのもあると思うのだが、偏差値70などという数字はなかなかお目にかかれるものではない。それだけあの子たちが、この夏頑張ったということなのだろう。

以前にも記事に書いたS君の飛躍も嬉しい。5教科満遍なくでき、弱点のない彼だが、突出した科目がなかったため、この夏は、理社を中心に頑張ろうという結果がこれ。塾教材の『マイクリア』をやりまくったうえでの結果。国語については、いかんせん判断しがたい。かなり読めるようにはなってきたが、9月の北辰でこれぐらい取れたら実力がついたといっていいだろう。

去年よりは、受講や提案の数を減らした国語だったが、飛躍的に伸びている生徒が多い。俺のなかで、変に力を入れず、リラックスして取り組んでいるのがよい結果につながったのかもしれない。逆に英語は、最近の北辰はつくづく点数がとりづらいと痛感している。特に難しい箇所がリスニングか。28点も配点があるため、ここで20点ぐらい採れないときついのだが、文法の理解ははしょっても意味がない勉強となるので、さしてリスニングの対策ができなかったところが反省点。

この夏、実感してわかったのは、やはり苦手克服より、得意科目の向上をかかげる方が、伸びていきやすいということだ。とても良い勉強になった。

↓いつもご訪問ありがとうございます。毎日、より質の高い記事を書くモチベーションになるため、ポチット押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-08-30 10:15 | 北辰 | Comments(0)
ここ最近疲れ気味で、ほとんど記事を書く気力がありませんでしたが、たまにはしっかり書きたいと思います。ここに着て、ようやく落ち着きを取り戻したのか、ライオンズは野球の仕方を思い出したようです。4カード連続で勝ち越しというのは、本来ならそれができて、当たり前のチームなんですが、やっぱ矛先は首脳陣だろうなあ。ものすげーギクシャクしている感じを受けるのですが、選手をきちんと適材適所に配置すること。守備位置を欲張らずに、固定することが必要やと思います。

昨日投げたウルフについては、特に何もいえないですね。今後の様子を見てみないと。ただ、これまで2年にわたって、勝利投手にすらなれなかった、外国人に比べたらまともに活躍できるんじゃないかねと思いました。フロントは、外人投手を見抜く力がないと断言していいよね。メジャーからお買い得外人みたいに連れてきたとしても、たいして活躍できないということですね。雄星も10勝達成、来季はコンスタントに怪我なく安定して活躍できる措置を作ってもらたい。岸もだけど、怪我で離脱が多すぎたシーズンだけに、怪我をしない体作りが大切になる。来季は、岸、雄星を軸に、頑張ってもらわないといけない。

最近は、台湾から着た呉が頑張っていますね。福岡の試合でも、よく打っていたし、来季に向けたカギを握る選手になるかも、ライオンズの中でのドラフトで新人王をあげるとしたら彼かなあ。

まあ、とにかく思うのは、これだけしっかり試合を作れることができるのなら、お前ら最初からしっかりそれをやれよ
ということかな。怪我人に対しての措置、またチームが苦境に陥ったとき、それを打開するための局面が必要ですね。変にAクラスに転がりこむよりかは、むしろ首脳陣を総入れ替えして、試合すれば来季はこんな低迷することはないと思うのだが、今このチームに一番必要なのは優秀な監督かななどと思う次第です。

↓いつもご訪問ありがとうございます。お立ちよりのライオンズファンの皆様、ライオンズの今後の躍進といま怪我をしている選手の早期回復を祈願してポチット押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-08-29 09:45 | Comments(0)
以前にも書いたような気がするが、苦手克服を夏の目標にやらせるより、長所を伸ばしてやるほうが成果が出やすい。そのことを暗に意識して、生徒との面談に臨み、得意な子なら徹底的に延ばして偏差値70ぐらい目指せやと激励し、去年の北辰の結果を見たところ。

国語、数学、社会において偏差値70クラスが3人ほど排出しました。9月の北辰でも、それぐらいやってくれるといいのだけど、いずれにせよこのデータは興味深いものがあるため、講習終わったらデータも交えて今年の講習を振り返ることにしたい。

[PR]
by masa717h | 2016-08-28 20:01 | Comments(0)
塾行脚に行きたいと思っている。こういうブログをきっかけに他塾のことを知ることもあるのだが、基本塾とは閉鎖的な社会だと思う。そうではなく、もっと生徒の成績を伸びるためには、どうすればよいかというのを共有すればよいのにと思うときが時折ある。

俺がいま、いきたいと思える塾がいくつか、アポをとって、そのうち見に行くことにしたい。

[PR]
by masa717h | 2016-08-27 23:01 | Comments(0)
講習の疲れがだいぶたまってきている。後半になり、大学受験生もいるため、俺のこの時期は必ず現代文は東大ほか旧帝大レベルの国公立の2次試験を容赦なく扱うので、やはり授業をしていくとかなり疲れる。明日は東大、九州大とウルトラハードな2題を扱う。

加えて、独自に9月からICU志望の子を持たなければならないので、心労が募っているような気もするな。明らかに、あの大学指導者側の力量を見ているような気がする。過去問に目を通して、この問題下手な指導者に教えを乞うたら、通らないよと言っているような気がする。

[PR]
by masa717h | 2016-08-26 23:39 | 指導メモ書き | Comments(0)
去年の9月の北辰テストを塾生に解かせている。

採点をしていて思うのは、昨年に比べて、伸びている生徒が多いことだ。もちろん、1年の指導を経験したことによって、こちらの指導力が向上したというのもあると思う。しかし、1か月でこれだけの伸び、あるいは意外な子が伸びていてある意味で嬉しい悲鳴を上げている。やはり、この夏俺らがやってきたことは間違いなかったのだ。9月の北辰で、結果を出してくれるといいなあ。

[PR]
by masa717h | 2016-08-25 23:36 | Comments(0)
22日から塾生全員に漢字の100台テストを解かせることを実施している。
最高点として100点が出た。去年から下克上を果たしたS君。一方でレギュラーでいつも漢字満点だったTさんが暫定2位の94点、中3生はしっかり勉強してきた子は70点をこえてきている。一方で学習の準備が足りない中1、この辺りは悲惨な点数になる。しっかり勉強しないと点数が取れないテストだ。去年より難易度は抑えたつもりだが、なんだかんだで同音異義語が多いため、けっこうその意味を把握するのが大変なようだ。

[PR]
by masa717h | 2016-08-24 23:42 | 指導メモ書き | Comments(0)
先日記事にもあげた受検性、どうやら9月から本格的に現代文及び小論文を指導することになりそうです。
英語には地震があるけれども、現代文の勉強のしかたがわからない。特に学校の先生が新人で、周りがみんな焦って塾や予備校に通い始めた。流石に焦って、夏休みになり、独学で勉強を始めたけれども、お盆になっても結果が出ない。で、お姉ちゃんに成績を上げたきっかけは何だったのか?といったら、塾の授業がきっかけだったと、さしずめ、そんなとこでしょう。あと半年しか時間がないため、こちらも急いで仕上げる必要がある。最低でも週に2回、可能なら3回通塾をお願いしたいところ。

[PR]
by masa717h | 2016-08-23 23:45 | Comments(0)
出来うる限り授業としては成立させたい、オーナー側が誰しも望んでいることではあるが、今日みたいな台風の場合判断が難しい。
これまで、早めの休講措置をとっても何一つ問題なかった。逆に今日は強行したが、それが裏目に出てしまった。この手の判断の基準は難しい。ちなみに明日も授業は実施する予定、雨が弱くなることを願うほかない。

[PR]
by masa717h | 2016-08-22 19:06 | 指導雑感 | Comments(0)