ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

10月から社会の集団授業を担当することになりました。今年の受験生は、本当に理社が苦手な生徒が多く、4月の時点で北辰偏差値50に達成た生徒が誰もいませんでした。そこで、今年から始めたのが理科、社会の集団授業です。隔週で、理科と社会の授業を土曜日にやりだしました。理科は講師としてはベテランのN先生、社会は、地理の先生になりたいという理由もあり、まだ新人のM先生を抜擢しました。当時の教室長の考えを整理すると、これはお金のかからない無償授業なので、失敗をしてもその分は講習で取り返すのだということを述べておりました。

さて、結果としては理科のほうが、全体的に伸びたように思います。で、問題は社会。M先生の最初の授業があまりにもわかりにくい授業をしたため、クレームがきました(特に女子)。M先生は使う言葉がやたらと難しく、そういった解説が不満を招き、アンケート評価で数人の女子から1の評価がつきました。北辰の地理分野の成績もさしてふるわず、流石にこれではまずいだろうという教室長の焦りもあって、自分にお鉢が回ってきたかっこうになりました。集団授業を担当する彼らには、他ブログから非常に勉強になるような内容を書き起こして読ませ、ヒントとして活用させました。以下は一部引用させてもらいます。

集団授業で全員を延ばすには、その逆に集団授業で延びない子がいちばん生まれやすい授業パターンを考えてみたい。

導入→ちょっとだけ演習→残り宿題→次回宿題解説→復習テスト→次の単元

これが一番できない子を産みやすいパターンだと私は思う。年間のカリキュラムがバシッときまっている大手塾に多いパターンだ。もちろんこのパターンでも生徒は伸ばせるのであるが、先生にかなりの力量が必要だ。(中略)

生徒の労力の低さを嘆き、こんなことも知らないのかとため息まじりに馬鹿にし、ストレートに言わずネチネチと説教をするような先生…私の印象だがこういう先生に学ぶとできる子とできない子の差が大きくなる。

これを見せる以前にM先生は上記のことを無意識でやってしまっていたというのがある。M先生は、学力的には申し分ないぐらい立派なのだが、ほかの点で至らないことが多い。全国高校入試問題正解(通称電話帳と呼ばれる全県の入試問題集)を使い、良問を選ぶセンスもさすがと思うが、やたら難しい問題に拘ってしまうのである。難しい問題をやるのは別に悪いことではないけれども、基礎的な問題を軽視しているようにも思える。北辰の大問1及び埼玉の大問1は必ず世界地理の基本である3海洋と6大陸を問われるのだが、これがいまだに正解できない子がまだ何人もいる。基礎に拘っていない証拠だなと思えてしまう。

10月の北辰テストから公民も試験範囲に入る、なかには地理分野ではしっかり点を取れるようになったのだが、全般的にこの学年歴史のほうが苦手なのである。地理はある程度出る問題がパターン決まっているので何とかなるが、歴史は解説をしようとすると結構難しい。加えて、自分に与えられた時間は60分(延長しても90分まで)なため、本気で全員を伸ばす仕組みを構築しないといけない。そのためには、教材から拘っていかないと難しいだろう。そこでまず塾にあった社会の教材、特に一問一答の部分を全て見てみたがこれと思えるものがなかったのである。

少し話はそれるが、塾用教材について、新人の先生がたにはこんな形で教材をイメージさせている
5 KEYワーク&新中学問題集(県立トップレベル及び私立上位向け。補足だが私立中学ではメイン教材として使用している所も多い。)

4KEYワーク&マイクリア(定期テスト90点超えレベル)

3Iワーク&マイクリア(最も標準的な組み合わせ)

2フォレスタ&フォレスタステップ(学校テスト80点までの目安)

1 提出物改善活動

左の数字は通知表の成績。学校準拠教材と問題集の組み合わせなら、こんな組み合わせで生徒の通年の教材を選定している。個別指導の場合は育伸社さんが出されておられるIワークが最も一般的な教材だろう。

ただ、今回問題は集団で活用する教材をどうするかなのである?そして社会の差は偏差値70レベルから偏差値40まで実にその幅が広くなってしまった。シリウス、スパートなどの塾用教材、また市販の教材などにも大きい書店に言って目を通してみたがこれだ!といえるものがなかったのだ。そこで、先日の育伸社さんのセミナー帰りに以前初回した第一教科書に行って、教材を物色していった。1時間ほど経過して、ついにこれだ!と思える一問一答集とある教材を探しあてたのである(続く)

↓いつもご訪問ありがとうございます。続きがきになる~って方はぽちっと押して行ってください。そうでない方もお願いします<m(__)m>

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-30 10:06 | 指導メモ書き | Comments(0)
ライオンズは、昨日でシーズンを終えました。最後は、大谷を攻略して意地を見せてほしかったのですが、これがファイターズとライオンズの差なのでしょう。結局無策で終わってしまったような気がします。ヒットが1本しか出ず、完封を許されるというのは無策だなーという証拠でしょう。ふつうに考えたら、どう考えても大谷に球数投げさせて、さっさと引きずりおろすと判断したほう賢明な判断なはずにも関わらず、前半早打ちしすぎです。

結局、田辺監督というのは、『監督』という器にはなかったというのが、僕の評価です。まあ、そもそも無責任に監督を途中で解任した伊原前監督の責任がいちばん重い気がします。シーズンのコメントを見るに、思うようにチームを運勢させてもらえず、結局はそれが他人事のようなコメントとしてマスコミに拾われ、ファンに叩かれるという構図になってしまったのでしょう。神宮でのファンにやめろという発言に対して、「(変りが)いねえんだよ!」という応酬が全てだったような気がします。少し寂しいですが、これが今期を象徴する一言ですね。シーズンが終わってから、監督人事について、二転三転していましたし、なかなかやりたがる人もいませんでした。田辺監督も致し方なしに一方的に監督という役割を押し付けられ、そのうえ、チームの指揮は、ほとんどさせてもらえなかったんじゃないですかね。そんななかで、なかなか勝てないものだから、特にバント主義から方針を転換してからやっと勝つようになりました。あれは、橋上ヘッドコーチの考えが機能しなかった一員でしょう。
バント下手ですからね、このチーム。それから二軍との疎通もうまくいってませんでしたね。不調な選手は、打順を下げるなり、ベンチにひっこめるなりして、もう少し二軍からいきのいい若手をがんがん出せば、少なくともCSはもう少し争えたと思います。
収穫を上げるとしたら、金子の成長と、終盤に成長してきたクレバーな活躍をする呉、後は計算ができるようになってきた多和田あたりでしょうか。この3人は、来季は飛躍するように思います。岸のFA問題が残っていますが、残留なら岸、雄星、多和田で10勝を見込める先発が3人いるので、十分優勝争いに食い込めると思うんだがなあ。

後は課題は外国人の先発、および抑え投手でしょう。後半、ウルフが活躍したとはいえ、また契約が微妙なことになっているようです。一番問題なのは、フロントなんじゃないの?って思ってしまうんだが。

監督人事は、辻氏で決まりという報道がスポーツ新聞に出ていました。このチームは一度、
監督、フロント、首脳陣含め、総とっかえして意識を変えなければ優勝はできません!

監督が変わったぐらいでは、3連連続Bチームの意識はそう簡単に変えられないでしょう。ただし、タレントある選手がそろっているのがこのチームの特徴です。渡辺監督は、人心掌握という点においては、非常に優秀な監督でした。自分の野球観を押し付けることなく、いかに現代の選手たちに適応させていくか、新しい監督にはその力が求められています。

↓長いシーズンの間ご愛読ありがとうござました。シーズンオフも、週に1回はライオンズのことで何か書いていきますので、引き続きよろしくお願いします。来季の優勝を祈願してお立ち寄りライオンズファンのみなさまポチッと押していってください。


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-29 10:07 | 指導メモ書き | Comments(0)
今年から埼玉の高校入試の制度が大きく変更になります。以前から埼玉の高校入試って複雑よね、ナンダッタラそれは通過させずに、中学入試のほうがまだ仕組みがすっきりしていてラクだわ!という声もよく聴きます。…要するに何が変わったかというのを一言で言うと…

もっと複雑でややこしい仕組みになりましたORZ
昨日の育伸社さんのセミナーでも解説していましたが、僕なりの補足を含めてもう少し掘り下げてみたいと思います。
…埼玉の教育の世界に身を置いた方ならわかっていいらっしゃると思いますが、埼玉県の公立高校入試の難易度は全国でも、屈指の難易度を誇ります。特に数学に関してはトップレベルの難易度で、今まで学力的に見て、中堅層の子たちは、きちんと勉強をしていても点数が取れないという悪循環に陥っていたことに問題があります。また、一時期英語に関しても過去問を分析していたところ、平均の相関図が極端だったのを覚えています。30点のボーダーラインと、70点のボーダーラインが突出しており、結果として平均50という結果になっているのですが、この結果はお世辞にもよいテストを作っているとはいえません。

そこで、去年の11月埼玉の県教育委員会は、一方的にH28年度から英語、数学の試験スタイルを変更し、更に理科社会の試験時間を40分から50分に変更するよと伝えてきました。一方で、上位層の高校が困っていたのも背景にあるのだと思います。学力テストでは、ほとんどの生徒が満点か満点に近い点数を叩き出してきており、うまく差がつかず、結局最後は内申点のほんのわずかな差で合否が決まってしまう、そのため埼玉の塾のほとんどでは定期テストの内申点確保のために血眼になっているところがほとんどだったでしょう。今回入試の変更したことによって、学力中位層の子たちは、きちんと実力が反映されやすいテストに変更しています。県立の入試らしく
『ケアレスミスが命取り』という色がより濃くなった気がします。

しかし、学力の高いレベルの高校においては、より難易度を挙げた難しいテストを採用すると教育委員会が打ち出しました。サンプル問題を見た限りでは、計算問題が私立レベルの難易度に変化しています。また、去年の数学を見る限り、大問の構成に変化が見られ、埼玉伝統であった最も難易度の高い通称『折り紙問題』が大問3に格下げされました。これは、大きな変化だと思っています。そろそろ、折り紙の問題はネタもつきてきたし、そろそろ終わりにするよーという合図かもしれません。一方で、サンプル問題では整数の証明が大問4に格上げされていますが、これはあくまで可能性の1つとして想定しているにすぎません。折り紙以外の図形や関数など、いくらでも難しくできる問題はあります。今年に限っては、塾の先生が年頭に置かなければいけないのは、傾向傾向としゃかりきにならないことでしょう。

英語のサンプル問題にも変化が見られます。一時期の早稲田の一文かのような、長文内容要約穴埋め問題が消え、その代わり、長文の分量自体がえげつなく増えています。県立の入試問題の作成ルールには、学習指導要領の範囲を逸脱して試験を行ってはいけないという暗黙の了解があります。そこで、難易度を上げるにはどうするかといえば、長文の量を増やして、逸脱してしまっ単語については注をつけるということをやってきました。単純な文法問題であっても、それを長文に忍びこませておけば極端に落ちるということです。ただ、これを見て思ったのは、お隣、東京の入試事情です。東京にも似たような背景があり、都立日比谷高校などは『自校作成校』を導入しています。かつて、1人だけ日比谷高校志望の生徒を指導した経験がありますが、そのときの入試問題と非常によく似たものを感じます。上位の子たちは、とにかくやたら長い文章に対して、どう立ち向かうかは今後の指導のポイントになりそうです。

そして、最後に見落としていけないのが理科と社会。問題時間の変更という一見地味な変更だが、これが非常に大きい。地理分野における資料の読み取りなど、今まで例えば概数の割り算を根性で計算したとして時間がなかったという子でも、そういった子たちでも、きちんと考えれば正解にありつける。とくに記述問題において、対策をしたかしてないかで決定的な差になってしまう。理科の観察、実験、考察問題もまた然りでしょうね。去年の理科なんかは暴走しすぎというぐらいの難易度のため、今年は若干調整をしてくるとはいえ、例えばしっかり自分の考えを書けば点数を上げますよという問題を出して調整するんじゃないだろうか。

でも、埼玉の入試問題が一番求めている力って、今回変更のなかった
『国語の力』
なんだろうけどね。

↓いつもご訪問ありがとうございます。セミナーに参加できなかった先生方、また参考になったという方はポチット押していってくれたら幸いです。また、時間があるときに対策など詳しく書いてみたいと思います。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-28 10:38 | 指導メモ書き | Comments(0)
今日から近隣のM中の中3は中間試験。昨日、塾に自習に来ていたTさん。はっきりいって、彼女は暗記が苦手だった、夏期講習での一コマだったのだが、漢字の100問テストの出来が著しくよくなかったので、学習法を指南してみた。なんてことはない、B5の束を持ってきて、クレヨンなりくーぴーなりで、力一杯書ききたくりなさいというもの。

彼女は、これによって、暗記を得意になるきっかけになったのかもしれない。楽しかったといって、その後彼女は、本当によく書く子になった。昨日もお絵かき帳を買ってきて、クレヨンで暗記事項をまとめていたようだ。なんだかんだいって、覚えずにはいられない体質に変化してしまった。彼女にとっては、クレヨンで書かせてみるというのがきっかけだった。夏の時点では思ったより結果が出ていないのだが。彼女にとってはこれがいちばんの収穫だったのかもしれない。社会が苦手だった彼女がどこまで暗記し、結果を出せるのか少し興味深いものがある。一定の成果が挙げられたらまた報告することにしたい。

↓いつもご訪問ありがとうございます。毎日記事を更新するモチベーションになるため、ポチット押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-27 15:49 | 指導メモ書き | Comments(0)
パリーグの優勝が日ハムに決まりそうです。それにしても、今年のペナントを振り返るに、どう考えてもソフトバンク優勢という大局的な見方で下手をしたら最速でパリーグの優勝を決められてしまうのではないのかと危惧されたのですが、敵ながら日ハムのこの驚異的な粘りには素直に賛辞したいと思います。パリーグにおいて、特に交流戦が導入されてから10ゲーム差以上のゲーム差をひっくり返したようなペナントは記憶にありません。交流戦以前だと、98年かな。日ハムがビックバン打線と称されていたころ、確か西武が10ゲーム差をひっくり返して優勝したのをかすかですが、記憶にあります。そのとき日本シリーズの相手は38年ぶりに優勝した横浜。セリーグも25年ぶりに優勝した広島という点では似ていますね。こういった粘りや底力というのが、今のライオンズには決定的に欠けています。何度も言っていますが、負け癖を払拭しない限り改善できないと思うし、意識改革からやっていかないと優勝など夢のまた夢となってしまいます。

監督人事も揉めていますね。秋山、宮本、スポーツ紙には新たに辻の名前も出てきました。伊原監督が就任した経緯に『誰もやりたがらない』というようなことが書かれていたような気がしましたが、金銭や条件面で折り合いがつかないところがいろいろあるのでしょう。このまま、誰もやりたがらないようでは、内部昇格ということが懸念されるのですが、そもそも潮崎は就任以来を断っているわけですからね。Bクラスで終わってしまったぶん、、今年の首脳陣の総入れ替えがあるように思います。

ライオンズを強くしたいと思える人はいないものなのか
そう考えると少し寂しいですね。消化試合のペナントでは、タイトル争いしか楽しみは残っていません。それでも、観客が増えていくといのは自分には不思議なんですけどね。まあ、営業が仕事をしているというのが理由の大半だとは思いますが、昔に比べたらあれだけたくさんの客が見に来ているのに、チームが弱いの話になあない。内弁慶でも構わないから、まずは本拠地でしっかり勝てるチームを作っていくことでしょうね。今シーズンが終了すると同時にそれは来シーズンの始まりを意味します。しっかり来年を見据えてオフを過ごしてもらいたいものです。

↓いつも御訪問ありがとうございます。ライオンズの今シーズンの有終の美と、来シーズンの優勝を祈願して、お立ち寄りのライオンズファンの方は、ポチット押していってください。そうでない方もお願いします。


にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-26 11:57 | 指導メモ書き | Comments(0)
来週の土曜日に英作文の特訓を施してほしいと依頼を受けました。去年も、国語の大問2を3分で解く!という意識を伝授しましたが、それもやってほしいとのこと。とにかく、まだまだもっと取れるだろうにという子の結果が出ていない。

英作文は、夏休みから基礎例文暗記という種を蒔いていたので、文章をそろそろ覚えらだしたという子にとってた、短期間でも収穫はあると思うが、そうでない子は厳しいかな。ただ、最近の北辰の傾向を観ていると、やたら賛成か反対かの意見を効いてくるのが大半なために、型を覚えてしまえば少しは時間の短縮になるかもしれない。

2004年から埼玉はやたら5文を書くことにやたら拘る。語数指定のタイプではなく5文でということにどうも拘りがあるようだ。ただ、その変遷を観ていくろ、難易度が徐々に挙がっている。昔は単純な将来の夢について5文で書きなさいとかあるはAETの先生にお礼のお手紙を書きなさい(最後のThankyoU.は含まないものとする)とか、頑張れば何とかなりそうだと思えるものが多かった。しかし、ある年を境に今度は細かい条件を指定しはじめる。1文目は世界にはたくさんの国があるという文を作っていきたい国とその理由を書きなさいといった、ここまで来ると自由英作というより、かなり偏った不自由英作文だと思う。

もちろん作題者の意図もわかる。そうすることによって、受験生の文法のミスを誘っているのだろうと思う。つくづく、この辺りは埼玉県の塾の先生と、埼玉の教育委員会の熾烈な戦いだと思う。誰だって最初に挙げたテーマなら、いかに文法のミスをしないで、減点されない英作文を目指すかということを考える。それなら、ミスが出やすい形式にしてしまえという形にシフトしてしまったのである。

埼玉の英作文に対しては、北辰の解答例なんかもそうだけど、採点基準も明確でなければ、俺が中3生の立場だったら北辰の解答を観てきっとクレームを入れるだろう。塾の講師からすれば、これなら俺(私)でも書けそうだという模範解答を示さばよいのだが、テーマによっては難しいと感じるものがある。とりあえず、レジュメでも作ろう。
↓いつも御訪問ありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになるため、ぽちっと押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-25 10:26 | 指導メモ書き | Comments(0)
どうやら10月から社会の集団授業を担当しなければならないようだ。
過去の北辰の結果を見るに、あまりにできる、できないの差が開きすぎている。ことしは理科、社会で差がついてしまうと再三口を酸っぱくして言ってきた。この期に及んで未だ六大陸と三海洋、47都道府県が正解できない子がいるのが事実。地理でいったい何をやってたんだと言いたい。難しい問題ばかりやっていても、基礎を疎かにしてはいけない。せめて、3大陸と6海洋は全員正解できるレベルを目指したい。

集団の難しいところは、レベルの低い子と高い子の穴埋めをどうするかという点である。問題を大量に用意しておいて、できる子はがんがん先に進ませて難しい問題にトライさせる。あるいは、ある程度のレベルで区切ってできない子はここまでで良いとの線を引く、さらにはできる子にできない子への先生役をやらせて理解の助けをしてもらうということをやらせるか。

そういえば、夏休みに小テストお互いに作成しあって、問題の出し合いっこしてたなあ。お願いして、そういった小テストやらせてみようかな。

集団授業に大学受験担当で土曜日がどうもつぶれてしまいそうだ。まあ、このご時世仕事がある分だけありがいたことと思うことにする。
↓いつも御訪問ありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになるため、ぽちっと押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-24 08:10 | 指導メモ書き | Comments(0)
以前、『変身のキーワードは毎日』という記事にて、新宿のバッティングセンターに通っている記事を書いた。
それからもちょくちょく、時間が空いているときなどに通っては、2,3ゲームほど、あまりやると指の皮がむけたりしてきてしまうため、多くてもせいぜい、5,6ゲームだろう。1ゲーム約22球なので、100スイングくらいが限界だろうと思う。

昨日も塾がお休みだったので、新宿のバッティングセンターにて打ち込んでいたときのころ、ホームラン性の辺りも何本が打てるのだが、なかなか的に当たらない。そんななかで、第5ゲーム。そろそろ体が疲れてきてバットを振るのも、ついつい身体がつかれているからか楽な振り方に自然となってきたぐらいのときんのこと、第5番レーンのほぼ、真正面の3番の的にようやく当てることができた。ちなみに、的に当たるとサイレンが鳴る仕組みになっている。「おめでとうございます。ホームランです」というアナウンスで今年の目標であったホームランを1本打つことが達成できました。景品のハンカチをもらって帰りました。さて、次からはホームランをもう1本打つか。今月中にやるか、また次月に1本うつかということで目標を設定すると。最後に名前を書く欄があるのですが、住所がみんな東京都でした。近場にでもホームランを認定してくるバッティングセンター作ってくれないかなあ。
↓いつも御訪問ありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになるため、ぽちっと押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-23 08:00 | 指導メモ書き | Comments(0)
昨日、中3の今後の指導方針について書いたが、今年から埼玉は入試の制度が大きく変わる。
偏差値60以上を志望する子も持っているため、そういった子たちに、今後何をやらせていくかいま非常に大いに頭を悩ませている。
サンプルを見ただけで、はっきりいって、あれだけでは判断できないのである。特に英作文なんて、あんな問題出るわけがない。

時折、ブックオフの参考書コーナーなんかに行くと本当に掘り出し物と思える本が結構ある。ただし、もし使うとしたらほんの一部だからこそ迷うのである、例えば旺文社から出ている『長文読解』研究なんかは、今年の埼玉の英語の入試問題には非常にしっくりくるよい参考書だと思う、テーマに分けて長文が乗っていて、各長文には必ず穴埋め要約問題が載っている。指導者側からしたら非常によいできだし、使いたくなる。ただし、問題はなかにはレベルが高すぎる私立の問題が入っているため、要求している以上のレベルの長文が数多く入っている点にある。もちろん、そこに補足を加えたり、事前にわからないと思われる単語を整理しながらやっていくこともできなくはない。でも、つきつめていくと、解説を一切せずに実力試しの問題として採用できるのは、ほんのわずか2、3問程度にすぎないのである。

入試まであと半年。何を教えるかというのを考えるのも大事だが、もっと大事なことは何を教えないかということにつきる。せいぜい、週に1回しかない授業、関係代名詞まで終えた後に何から教えていくか。今後考えていくことにしたい。
↓いつも御訪問ありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになるため、ぽちっと押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-22 10:49 | 指導メモ書き | Comments(0)
自身へのメモとして今後の英語の指導方針を書いておく。

夏期講習では、中1、中2の文法事項の復習として、時制、助動詞、不定詞、動名詞、比較、文型(特に第4文型と5文型)の主要単元を扱った。これによって、一通りの英文法の力の軸、染地は作ったことになる。

北辰でいまいち成果を上げられないのは、原因ははっきりしていて
リスニングと英作文
で点数を落としてるからだろう。リスニングの配点が28点、今年から英作文が10点配点になったため、この部分だけで全体の4割近い点数を占めることになる。英作文の基本はまず基本例文を暗記すること。これができていなければ、単純に単語を羅列しただけの文章になってしまう。

きちんと、例文を暗記した頃合いで、添削をしつこく繰り返す。ここが塾の力の入れどころだろう。ただ、リスニングはもっとも後手になりやすい学習項目だ。

俺の指導では、メイン文法となる関係代名詞が残っている。今、学校では分詞をやってるので、確実に 分詞までで夏休みを終えたほうが関係代名詞は省略を教えてしまうと、この分詞のところと混同してしまう子が少なからずいるため、関係代名詞だけはあえてやらなかった。

一方でM先生はできる子に関しては、関係代名詞までがんがん先取りで進めている。この辺りの結果が次の定期テストにどう影響してくるか少し興味深い。M先生から引き継いだ、N君については、そこまではやらなかったようだ。

現在、M中の定期試験があと1週間ほど、レギュラーで担当している子たちは、試験範囲まで全て学習は終えている。学校ワークの進捗も既に1周は終わっていて、理想は3日前までに3周なので、既に2周目に入っている子がほとんど。演習が不足してしまった子については、土曜日に自習会があるから、そのときに少し難しめの問題を渡して仕上げてもらうことにしよう。M中の定期テストの難易度はそこまで高くないので、しっかり目標点が達成できるようがんばってもらいたい。
↓いつも御訪問ありがとうございます。毎日記事を書くモチベーションになるため、ぽちっと押していってください。

にほんブログ村
[PR]
by masa717h | 2016-09-21 10:02 | 指導メモ書き | Comments(0)