ブログトップ

野球好き塾講師のブログ

yoyuuha.exblog.jp

TOEICの勉強や西武ライオンズの雑感とか

代ゼミの影響を強く受けてるのはなあと感じるのは、こういう教材を自分で作って授業を展開するところだろうな。もし、通っていたのが、他の予備校だったら、講師になって、絶対そこまでしなかったと思う。うちのフランチャイズの個別指導塾で、高校部の教材にあまり良いのを感じない。なら、自分で作るしかないと思い立ち、予備校の頃の教材を下敷きに今指導している高2は文法問題を累計1000題解かせようと、テキスト作成中、やっとのことで、150題…ほんと、指導してくれた予備校の先生、多忙のなか、こんなテキスト作成していたんだと思うと、ほんと恐ろしい。1年間で終わるのかというのも首を傾げる、それぐらい恐ろしいテキスト。春休みの間に、せめて五分の1は、作り終えておきたい。
[PR]
# by masa717h | 2016-03-31 10:53 | 指導メモ書き | Comments(0)
ネットサーフィンをしている際に、とあるサイトで代ゼミの化学講師亀田先生の1回目(おそらく1学期で予備校がスタートした頃のもの)のものがあるのが、この講義を聞いて浪人していた頃に聞きたかったと純粋に思ってしまった。亀田先生の1回目の講義は、90分全て雑談である。

春季講習は、自分の授業が初めてとなる子が多いので、最初は雑談から始めるのだが、この雑談だけで80分持たせることができないのが悔しい。1回目は、全て雑談だったみたいなことしてみたいなあ(保護者からはにらまれるんでしょうけど)。ただ、その雑談非常にモチベーションが上がるという意味でわざとやっているという感がある。簡単に内容を箇条書き

1 現役、浪人にかかわらず受験生には周期があり、最初の4月と夏休みはやたらとはりきつ傾向にある。ゴールデンウイークからモチベーションが下がり、6月は梅雨のため上がらず、夏休みを終えた9月からは、上がることばく、下がる一方。これが受験生の周期関数である。

2そもそも、そうなってしまうのはなぜか。これには、もっと根源的な原因がある。というのも、君たちは『早く大人になりたいと思うかい?』頑張れない理由は、おそらく、周りが残念な大人しかおらず、そんな大人しか見ていないからではないか。

3そこへいくと代ゼミの講師は(勢いが)違う。おそらく、あんな大人を初めて見たという人も多いのではないか。その講師が頑張れるシステムにはからくりがあって、それを作り出した理事長はすげー人だ。

4 いま、若者が頑張らばくなってしまった原因は、マザコンが増えたからだ。しかもマザコンは遺伝する。もし、君らが親になって、電車の関がたまたま空いたら子供を座らせる?その行為こそがマザコンなんだ。俺が親になったら、優先して俺が座る。年寄に席を譲らなかったら殴る。

…こんな感じの雑談を90分にわたって、繰り広げられている。結構勉強になることも多い、2の『早く大人になりたいか』なんてのは、国語の作文のテーマで書かせたりすると、大人にになりたいと書く子のほうが成績が良い傾向にある。俺も、子供たちから憧れられる大人であるよう頑張ろう。






[PR]
# by masa717h | 2016-03-29 12:36 | どうでもよいこと | Comments(0)
来年度から独自採用問題を選択する20校。順不同で上から羅列

浦和高等学校
 浦和第一女子高等学校
 浦和西高等学校
 大宮高等学校
 春日部高等学校
 川口北高等学校
 川越高等学校
 川越女子高等学校
 川越南高等学校
 熊谷高等学校
 熊谷女子高等学校
 熊谷西高等学校
 越ヶ谷高等学校
 越谷北高等学校
 所沢高等学校
 所沢北高等学校
 不動岡高等学校
 和光国際高等学校
 蕨高等学校
 さいたま市立浦和高等学校

自分と関連のあるのは、所沢高校と所沢北高校か。変に傾向に拘ることなく、きちんと実力をつけさせたい。少なくとも英語に関しては、俺が大学生のころから持ち続けている信念に従いやっておけば、まあ問題ないと思う。今年は、リスニングもきちんと授業でこなすことも考えよう。

[PR]
# by masa717h | 2016-03-28 08:37 | Comments(0)
昨日は、浪人時代の恩師の1人である西きょうじ先生主催のパーティーに参加してきました。今は東進の先生をなさっていますが、先生自身が昔の教え子を集めていろいろ話かったらしく『弱いつながり』を作りたいというようなことを仰っていましたが、こういうことを企画していただけるのは本当にありがたい。たくさん、いろんな話が聞けて面白かった。

西先生とのつながりは、浪人していたころの、英作文が担当で、それが確か金曜日のお昼ご飯を食べてすぐの3限の時間で400人教室が満員で、とにかく必死でノートを取っていた記憶があるなあ。後でノート見返すとむちゃくちゃ濃い情報で、今でもそのノートを取っていたし、あと授業スタイルも、その場で思いついたことをガンガン言っていくという、『天才』だなっていう思わせてくれる授業スタイル。一番脂の乗ってた大学4年生の頃は、英語でその教え方のスタイル真似してたな。

教え子がいろんな話をスピーチしてましたが、西先生とのつながりといえば、勉強とは関係のない雑談ばかりをよく覚えているんだよねと言ってたw確かに。俺も、そういうことほどよく覚えている。特にインパクト強かったのが、比較の話。『私は彼女のことをかわいいというよりきれいだと思った』みたいな英作文があって、もともと西先生はかっこよいので、女子の受講生が多い。女の子は、「かわいいときれいと言われるのはどっちが良いのか?」という論争になって、400人教室の受講していた女子にむかってアンケートを取り出し「かわいいと言われたい人?」と聞いたら、教室の半分の女子が手を挙げ、「きれいと言われたい人?」と聞いたら、教室の半分が手を挙げた。つまり、その割合は半々というのが、浪人していて一番勉強になったことかもしれない。

俺が浪人していたころ、英語は圧倒的な人気を誇る4人(西、西谷、富田、今井)がいて、代ゼミ英語四天王とか言って言われてたなあ。そして、全員使う記号と教え方がバラバラなのも、代ゼミの象徴。代ゼミで実力をつけたければ、お気に入りの先生を見つけ、その先生のファンになって、その先生の単科講座(その先生がテキストを編集する授業)をとって、実力をつけるっていうのが王道だったな。因みに自分は今井先生派だったが。

最近では、『英文法の核』という本を書いたそうで、大きな書店でパラパラ立ち読みしてみたが、体系的に素晴らしくよくまとまっていて、これなら新たに英語を始める高校生でも理解しやすいだろうなという感想。もう1年出るの早ければ、今担当していた子の指定参考書にしようと思ったぐらい…『コンプリート総合英語』の唯一の弱点は、例文のCDがないことだが、そこを見事にフォローしているし、例文も500ぐらいでそれぐらい覚えていたら、大学受験には十分通用するぐらいの量。また、新たに高校生を持つことになったら検討しよう。



[PR]
# by masa717h | 2016-03-27 09:28 | どうでもよいこと | Comments(0)
春季講習は、普段の授業とはスケジュールが変わるので、男の子は特に遊びに行ってしまったとかの理由で設定した授業をふいにしてしまうことが多々ある。卓上のカレンダーでも持たせて、ちゃんとスケジュール転記させと。予定の紙だけ渡しても、頭入らないっていうのと、将来仕事をするうえで、転記ってすごく大事なことだだし。せっかく、親御さんがお金を出して講習を取ってくれたのに、こういう学習以前の基本が身についていない子も個別指導はけっこういる。もう慣れたので、こっちとしては、そこからかよ~という感じ。
[PR]
# by masa717h | 2016-03-25 23:35 | Comments(0)